▲「NISHINO'S 音楽コラム」INDEXページへ戻る
━━━━━━━

■哀悼 石田長生氏
 (2015.07.10) NEW
※前のコラム

2015年7月8日に食道癌で他界された、石田長生氏の御冥福をお祈り致します。


石ヤンとは、もう40年以上の付き合いで、10代の頃に大変に世話になりました。


40年前(70年初期)、彼は「オリジナル・ザ・ディラン」のメンバーで、フォークソングをやってはりましたが、どういう訳だか、ジョン・マフラクリンの影響でジャズギターにいち早く着手していました。 ジョン・マフラクリンを弾きたくて、スクールへ習いに行ったら、そこはジム・ホールなどのジャズのスクールだったそうですが、当時の彼にはその区別がつかなかったそうです。(本人談)


当時、ブルースとファンクしか知らなかった俺に、ジャズギターの素晴らしさを示してくれたのが、石ヤンでした。

彼のジャズギターは今でも俺の中ではナンバーワンです♪


その頃の彼のギタースタイルは、ソロよりバッキング重視の考え方でして、アドリブ合戦より歌伴に徹していました。
ソロも短いソロをカッコ良くジャージーにバシッとキメていましたね♪

当時はギターも、ギルドのセミアコを奏でていました。
当時の印象は「渋くて、イキな男前ギターリスト」っていう感じでした。


40数年前に、京都会館別館で彼が開いたコンサートは、関西の大物が勢揃いの素晴らしい内容でした♪(大物とは言っても当時はまだ皆若者でしたが)


そして渡米!
メンフィスで修行したR&Bの腕前は、バリバリでした。
スラム街で、泥棒と間違えられて困り果てた時に、目撃した黒人の少年に助けられた話をよくしていました!


帰国して「ウェストロード・ブルース・バンド」を脱退したばかりのギターリスト、山岸潤史氏らと「ソー・バッド・レビュー 」という和製ソウルバンドを組み、日本中を席巻しました。

ジミヘンばりに派手な山岸潤史氏とは対照的に、イキでジャージーな石ヤンのギターは冴えわたっていました。
レコードを二枚出して解散してしまうんですが、その中に収録されている「真夜中の歌姫」という、石ヤン自身が歌う曲のギターの素晴らしさは絶品です。
本人も生涯のベストテイク と語っていました!
これは必聴!


そして、幻の名バンド「GAS」へと駒が進み、日本一のブルースドラマー松本照夫氏、先日亡くなられたベーシスト、藤井裕氏らと本当にバンドらしいバンドサウンド、究極の団結力を示してくれました。
ホントに素晴らしかったです!


この頃、大塚まさじ氏のライブ盤に収録されている名曲「アフリカの月」のギターは絶品!


渡辺香津美氏、山岸潤史氏らとのアコースティックギタートリオ「勉強トリオ」もこの頃で、この頃からアコースティック
ギターの世界に突入して行った気がします。


バンドの方は「サウストゥサウス」の藤井裕氏、正木五郎氏らと組んだ「ボイス&リズム」でファンキーにエキセントリックに活躍してましたね。

そして遂にソロ活動に入る傍ら、日本のスーパーロックギターリスト、チャー氏 とのアコースティックギター・デュオ「馬呆(BAHO)」を展開して行き、名声は完全に全国区に登りつめ、弾き語りの一人旅も日本中フル活動で、病に倒れるまで順風満帆、大活躍の日々でした。


そして大の格闘技好きで、二人で四国へプロレスの試合を観に行った事もありました。
いつも真剣にプロレスや阪神タイガースの話に熱くなり、たまには興奮し過ぎて口論になる事もありましたが!


でも、これだけは本当にハッキリ言えるんやけど、

「もし石ヤンがいなかったら、今の俺は無い!」。

彼が俺のブルースやファンクにジャズを注入してくれました♪


どうしようもなく頑固者やったけど、最高に義理人情に厚かった!!
キツイ事も言ったけど、最高に優しき男やった!!

あのジャージーなギターは、俺の中で生き続けさせます♪


癌が見つかって たったの三ヶ月で 旅立って逝った 石ヤン。
「ちょっと待ってぇな!」

名前の通り「長生き」して欲しかった!!


合掌

















━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る

■自分にとっての音楽(9)
 (2014.08.05) 
※前のコラム

昔、音楽をやり始めた頃は ジョン・レノン大好き少年やったんやけど、10代半ばに三年間、米軍基地で毎晩ライブをやり、黒人兵達とバンドをやる中で、ブルースやソウルやファンクを覚えた。

その頃から自分にとっての音楽的アイドルと言うか「神」は、

B・B・キング(ギター/ボーカル)
バーナード・パーディ(ドラム)
チャック・レイニー(ベース)

やったんやけど、最近になって部屋を片付けていたら、バーナード・パーディ氏や、チャック・レイニー氏とやらせて頂いたライブを録音した音源が出てきて、感慨深い気持ちになったわ!


バーナード   レイニー 

(左:with Bernard Purdie、右:with Chuck Rainey)


長く音楽を辞めずにやっていると、こんな歴史上の人物と一緒にライブが出来る恩恵にあやかれるんやなぁ、と、つくづく感謝します。


17才の時に、B・B・キング様にも、お会いする事が出来て、神様キング様の前でギターを弾いた事も有り、よく考えたら昔から憧れていた神様達と、あろう事かこんな俺が遭遇させて頂いているねんなぁ。

神様仏様に感謝!


後はジョン・レノンに会えたら、音楽をやってきた目標は達成出来るんやけどなぁ。
さすがにフェバリットの中でも、ジョンレノン様と横山やすし師匠には、もう会われへんなぁ!


でも、俺の仲間には、もう、そのお三方と肩を並べる凄い実力者が揃ってます。


ドラムは小林健治
ベースは山田晴三
ギターは田中晴之


ありがたや!ありがたや!


押忍。

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る

■自分にとっての音楽(8)
 (2013.05.02) 
※前のコラム

Beatlesに明け暮れた60年代を経て、早いもので、70年代前半から音楽を職業としてやり続けて、40年以上経った。


<1970年代>

中学生の頃からろくすっぽ学校へも行かず、ギターに打ち興じていた俺は、武道で全日制私立高校からスカウトが来ていたにもかかわらず、ジョンレノンに憧れてバンドがやりたくて夜の定時制高校へ進んだ。

夜間高校で先輩達と『ブルーマウンテン・ブルースバンド』というアマチュアバンドを組んだ。
これこそが、今の自分のベーシックになったと確信している。
あれから40年以上経った今でも、たまには一緒にライブをしている。

その後、米軍基地や各地のダンバで、マディーウォータースなどのシカゴブルースに明け暮れた。

その内にB・B・キングを敬愛するようになり(ご本人にお会いした時の人間性に魅了された)、アーバンブルースをやるようになり、ジャズにも手を染めた。

世間では万博、ベトナム戦争、学生運動、浅間山荘事件、三島由紀夫事件、オイルショックなどで揺れてたわ。
それはそれは、ケンカとブルースの毎日やったなぁ!!


<1980年代>

スタジオミュージシャン、編曲家を中心に仕事をこなしながら『LAY DOWN』というバンドでライブ活動をしていた。

このバンドはホーンセクション入りの大人数のファンクバンドで、10年間続けた。

後期は色々と実験的な音楽にも挑戦してたなぁ。

『Yellow to Black』というレコードを発表。※この時代はまだ8トラック
この頃は毎日机に向かって真剣に音楽の勉強をしてた。
人生で一番真面目に音楽に取り組んでた時期やと思う。

その頃から山田晴三というとんでもない世界一のベーシストと一緒に、京都の老舗ライブハウス「拾得」で定期的に活動して行くようになる!!(今だに一緒にやってるけどな)


<1990年代>

山田晴三とタッグを組んで『やすし&はるぞう』というユニットで、拾得にてのライブアルバム『また騒ごけ!』(二枚組)をD-ZONEレーベルから発表。※この時代はまだ12トラック

そしてそのベース・山田晴三に、ドラム・小野秀夫、キーボード・中村建治、という生涯の親友らと共に作った4リズムに、女性ダイナマイトボーカリスト、小林エミを迎え『Do it!』というバンドを組み、ライブ活動を展開した。

『Do it!』『二枚目』と、二枚のアルバムをD-ZONEレーベルから発表!! 実力関西No1と言われながらも、活動を休止する。

その他、円道一成というソウルボーカリストと『RBJ』というバンドを始めた。

このバンドはソウルフルなバンドで、メンバー全員がボーカルをとった。
電通から『RBJ』というCD(非売品)を発表。※この頃やっとデジタルレコーディングになる
しかし残念ながら意見の相違にて活動停止。

そのバンドのベーシストが天野SHOだった。


天野SHOと『天西BLUES LINE』というバンドで日本中を旅した。
彼のネイティヴ・イングリッシュのボーカルは素晴らしかった!
パーマネントなドラム&キーボードと共に、動員力のあるライブ展開を続けた。
このバンドでのライブから学ぶ事は大変に多かった。
特にギターよりも、MCの話芸が自分の飛び道具となった。
人様からは<歌うベーシスト&喋るギターリスト>と呼ばれた(笑)

長きに渡り活動したがお互いがソロになり、活動休止した。
『I'LL SING THE BLUES FOR YA!』(D-ZONEレーベル)、『SINCERELY YOURS』(RAGMANIAレーベル)の二枚のアルバムを発表。


<2000年代>

京都のRAGインターナショナルという音楽事務所の所属になり活動する。(5年間くらいでフリーに戻る。)

初の自己ソロアルバム『ALL THROUGH MY LIFE』をRAGMANIAレーベルより発表。
ゲストに親友の、世界的ブルースピアニスト、Ariyo(有吉須美人)を迎える。

スーパー・ロックボーカリスト、MISUMIフィーチャリングの豪快痛快ブルースロックバンド『鉄拳倶楽部』を始動する。
ドラム・小林健治、キーボード・中村建治、ベース・有福珍でバックアップした、MISUMIのパワフルなボーカルは圧巻やった。
アルバム『ろっ魂/rockon』をRAGMANIAレーベルからリリースしたが、指向性の違いで解散。

この頃からバンドと平行して、いろんな相方とのデュオ・ユニットで活動始める。

ピアノ・和田八美と『2×4=8(西が八)』

ボーカル・千賀有花と『BE FREE』

ボーカル・皇甫純圭と『ya ju』

を発表!

その他、名ブルースギターリスト、田中晴之とのブルースギターデュオ、『田西(タニシ)』も継続中。
 

<2010年代>

2000年代からは活動の場を東京に移したが、やはり関西人の血が騒ぎ、結局、関東と関西を行き来する音楽生活となる。

関東ではファンクベーシスト・江川ほーじん、ブルースハーピスト・西村ヒロ、破壊派ドラマー・岡地曙裕と只今"旬”、大売り出し中の『BLACK BULLET』がメインバンドで、ファーストアルバム『Set you free』(SOUND D.C)発表。

関西では、これぞ関西最高峰メンバーである、グルーヴ職人ドラマー・小林健治、宇宙人超絶ベーシスト・山田晴三、広島のファンキーピアニスト・和田八美、と、現在進行形、かつ、一生涯自分のメインバンド、『THE KANSAI』で活動し続けてます。

その他、自己のトリオも東京で活動中。

『西野やすし トリオ』ドラム・小野秀夫、ベース・仮谷克之

『八王子パラダイス』ドラム・ファンキー末吉、ベース・仮谷克之


などなど、こんな短い文面では書ききれへんけど、とりあえず約半世紀分の音楽生活を思い出しながら書いてみました。

それこそ駆け出しのペイペイの頃からずっと憧れてきた、バーナード・パーディー(ドラム)、チャック・レイニー(ベース)などの世界的プレイヤー達と共演出来た時に、つくづく「長くこの仕事をしてきてホンマに良かったなぁ」と感じました。



駆け足で自分の40数年間の音楽生活を、年代ごとに書いたけど、書ききれない莫大な数の共演者、お客様、お店の方、関係者、に本当に感謝してます。


押忍。

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る

■自分にとっての音楽(7)
 (2010.02.03) 
※前のコラム

70年代の関西のミュージックシーンは熱かったわ!
最高のボルテージやったな。


60年代のGSムーブメントが下火になり、そのGSの生き残り達がうようよいた万博直後のゴーゴー喫茶には、次の時代を担う主役達が行き場を探してうごめいていた。

俺も大阪の「ジャンボリーコダマ」や「ナンバ一番」、京都の「ガロ」や「ママリンゴ」などのゴーゴー喫茶にはよく出入りしてたなぁ。

北新地や祇園のナイトクラブにも「リンドアンドリンダース」のメンバーや「ザ・タイガース」なんかのGS組の連中がよく来てたなぁ。

俺も演奏だけで食ってたから毎日、楽しかったわ。


毎晩店で喧嘩があり、ヤクザがはびこり、愚連隊がいつも暴れてたなぁ!
当時喧嘩がしたくてしたくてたまらんかった俺にとっては天国やったなぁ!
危ない毎日やったなぁ。まぁ、スリル満点な日々やった。

店に演奏しに急いで飲み屋街の路地をギター持って歩いてたら、急に刃物持った奴に刺された事もあったなぁ(苦笑)。 幸
い切り傷やったから、そのヤクザをボコボコにしてから仕事に遅れて行ったなぁ!
服に血がついてても慣れっこで、別に誰も何も聞かれんかったなぁ(微笑)。


いや〜音楽やって金は貰えるわ、大好きな喧嘩は出来るわで、毎日極楽やったわ!

ちょうどゴーゴー喫茶がディスコって呼び名に変わっていった時期やね。

天王町の「キャッツアイ」とかね。
それから「歌声喫茶」という、ようわからんロシア民謡を客全員が大声で合唱する店でも演奏しとったなぁ。

で、なんたって高級クラブでもバンドが入ってたんよ、京都では京阪三条駅の「べラミ」とかやね。
ここはレイチャールズから小柳ルミ子や梓みちよまで、有名人ばかりのショーをやっていた!
まだ京阪電車が地上を走っていて、三条駅が終点やった頃やな。

※1987年、七条駅−三条駅間を地下鉄化。1989年、三条駅から出町柳駅まで路線延長。



で、70年代半ばくらいには、京大西部講堂や円山野音、天王寺野音などでしょっちゅうロックやフォークのコンサートをやってた。


少し前までは学生運動で安保闘争決起集会をやってた連中が、連合赤軍の大量リンチ殺人事件で興醒めしてしまい、デモ行進を辞めて皆、音楽に夢中になり、インターを唄ってた連中が、ゲバ棒とヘルメットをギターに持ち変えて、あちらこちらでコンサートに出るようになった!

「村八分」や神戸の天野SHO率いる「E.B.S.」なんかが全盛やった。
そしてブルース・ブームが京都に、リズム&ブルース・ブームが大阪に大爆発する事になるんやね。

京都の「ウェスト・ロード・ブルースバンド」、大阪の「上田正樹&サウストゥサウス」が日本中を席巻していく様は痛快やった!

その二つのお手本に皆が群がった!
凄いバンドも沢山生まれた。


京都からは入道の「ブルース・ハウス・ブルースバンド」(後、近藤房之助を加え「ブレイク・ダウン」となる)や巨匠、田中晴之率いる「ファッツ・ボトル・ブルースバンド」など、大阪からは石田長生と山岸潤史のツインギターの「ソー・バッド・レビュー」や浪速のアレサこと、大上留利子フィーチャーの「スターキング・デリシャス」、そして、泣く子も笑う「憂歌団」などなど凄い数の黒人音楽推進団体が京都・大阪に炸裂した!


その原因は毎年8月8日に万博会場お祭り広場で行われた「8.8 ROCK DAY」というアマチュア・ロック・コンテストの存在やと思われる。

あの当時はアマチュアのコンテスト如きに何万人もの人が集まったもんや!
今では考えられない事態やな。
当時はプロになるにはコレしか手がなかったから、全国からバンドが集まって必死やった!
高校野球の甲子園を想像して貰ったらその勝ち抜きシステムがわかり安いと思う。

俺も何回か出たけどアカンかったなぁ(苦笑)。
俺は8.8会場ではカ○○ゲに人生を賭けていた、青春真っ盛りでしたぁ〜!


あぁ〜、ええ時代やったなぁ。 

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る

■影響を受けたアルバム
 (2009.11.05) 
※前のコラム

今回はアルバムについてのお話です。


まぁ、長く音楽をやってきたからその分沢山の名盤とも出会ってるんやけど、その中から何枚かを紹介しようと思うです。

勿論我々の時代にはCDなんてまだ登場してなかったから、アルバムと言えばイコール『レコード』です。

そこで始めに、CD文化とレコード文化の一番大きな違いを説明すると・・・

それは音質や、便利さや、コンパクトさなどではなく、決定的に違うのは、CDには『A面・B面』が無い!という事です!


レコード時代にはA面にはA面のストーリーや世界観があり、B面にはまた全然別の、B面のストーリーや世界観がありました!

何かのレコードのA面を聴いたら、次にB面を聴くためにレコードを『裏返す 』という行為に重要な意義があったように思える。

A面を聴き終えた段階でリスナーは完全に一つのドラマを観終わってるねん!
そこで一旦一呼吸おいてA面のドラマを回想してすることで、もう一感動を味わうわけやね!ジ〜ンときて涙すら出てしまう事だってある。

それから覚悟を決めてB面に裏返す!
そしてまた違う感動を得る。 


ところがCDになると、AとBの境目がない!
ただ数珠繋ぎに曲が過ぎて行くだけやねんなぁ。


テレビのドラマでもCMの間にトイレに行って回想したり、次の展開を想像したりする期待感の時間があってこそ、そのドラマが楽しめる訳やからね!(NHKさん ごめんやす!)

アルバムによっては、A面を聴いたらその時点で裏返してB面を聴くかどうかを選択出来るわけやねん。

片面聴いたらアルバムのアーティストには義理も立ったから(微笑)、ひとまず別のアルバムへ移行する権利があるねん!



そのA世界とB世界の違いを明確にした名盤の典型的アルバムを紹介すると、


ザ・ビートルズ/Abbey Road
ピンク・フロイド/Atom Heart Mother(邦題:原子心母 )
ロッド・スチュワート/Atlantic Crossing
ザ・クルセイダーズ/Scratch


などなど。あげたらキリがないくらいやわ!


こういったA世界+B世界が過去の音楽の歴史にはあった、という認識の元に話を進めます。


俺もビートルズには無茶苦茶影響されてるし、全アルバム大好きで、『Abbey Road』や『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』も素晴らしいけど、俺がお勧めのコレ1アルバムは『Rubber Soul』です!

今でも『In My Life』の間奏のチェンバロのメロを思い出しただけで泣けるやんか〜! あのアルバムは最高傑作やね♪


サイモン&ガーファンクルの『卒業』のサントラ盤と『明日に架ける橋』も涙モノ♪
ロスビー・スティルス ・ナッシュ&ヤングの『4 Way Street』もコピーしたおしたなぁ♪ 
ザ・オールマン・ブラザーズ・バンドの『At Fillmore East』は一曲目からぶっ飛んだなぁ!デュアンのスライドは最高やね♪


ブルースで最初に感動したのがマジック・サムの『West Side Soul』。
唄がカッコエエと思ったなぁ♪
勿論B.B.キングの『Live at the Regal』や『Live in Cook County Jail』は今でも愛聴盤ですわ♪



マイク・ブルームフィールドアル・クーパーの『Super Session』やポール・バターフィールドの『Better Days』(このエイモス・ギャレットのギターに滅茶苦茶影響を受けた)などの白人系のブルースもよく聴いたわ。


後、何と言ってもダニー・ハサウェイの『LIVE』には感動したわ!いまだに俺のバイブルやわ。


オーティス・レディングの『LIVE In Europe』も泣いたなぁ。
ボブ・マリーの『LIVE』も感動やし、何てったってキング・カーティスや、アレサ・フランクリンの『LIVE at Fillmore』には一番モロに影響受けたわ!

特にドラムのバーナード・パーディから受けた影響は今の自分のギタースタイルを形成する中の半分以上の影響を与えて貰ったわ!


さて、結局沢山のアルバムを網羅してしまったけど、一番衝撃を受けたのはジミ・ヘンドリックスの『Live at Woodstock』。
このインパクトにはノーコメントやわ、言葉や文字には出来ひん。←これはもう、お手上げ。


それと、クルセイダースの『Scratch(B面)』です。演奏によって皆の心が一つになる喜びを知っりました。
雨の日にズブ濡れになりながら、雨宿りで飛び込んだサンタクロースという京都は東山にあったジャズ喫茶で偶然かかっていて、聴いた瞬間から感動して涙が縦にチョチョギレたんを今でもハッキリ覚えてます!


日本のミュージシャンのアルバムでは、上田正樹と有山淳司(現・有山じゅんじ)の『ぼちぼちいこか』が名作やね。
それから加川良の『親愛なるQ君に捧ぐ』も大好きやったなぁ。 


などなどあげたらナンボでも出てくるからキリがないんやけど、昔のアルバムはヨカッタね!


これからの音楽はこのまま衰退して行くんやろうかねぇ〜。悲しいね。
何とかならんかねぇ〜。



いつか俺が名盤アルバムを作って、衰退した音楽を救いたいもんやわ!

押忍!


※アルバムジャケットをご覧になりたい方はここをクリックしてください。
注:容量が大きいため、携帯の機種によっては全てを閲覧できない場合があることをご了承下さいませ。

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る
Copyright (c) SINCE 2007 YASUSHI NISHINO OFFICIAL SITE All Rights Reserved.