▲「NISHINO'S 音楽コラム」INDEXページへ戻る


■自分にとっての音楽(6)
 (2009.01.30)
前のコラム

米軍基地を離れてからは、東京でスタジオミュージシャンと人のバックミュージシャンを長くやりました。

特にスタジオワークは毎日のように仕事があり、毎日必死やったなぁ。

はじめは全く譜面が読めなかったので、必死のパッチで譜面の読み書きを勉強したわ(苦笑)!

俺はベースやドラムも出来たので、リズム隊の仕事もよくやったなぁ。

この当時の俺にとっては『バーナード・パーディー命』やったからなぁ!
大好きやったなぁパーディー!(今でもやけどな。) 
まぁリズム隊の仕事は結構やったねぇ。
特にベースの仕事の方がギターより完全に多かったわ!


有名な人のレコーディングも沢山したけど名前は伏せときます。

歌のバックの仕事も、いろんなシンガーのバックで日本全国津々浦々ツアーで回りました。

ジャンルたるや見事にバラバラで、ポップス、ジャズ、ロック、ラテン、フォーク、演歌、歌謡曲、ファンク、ソウル、オールディーズ、R&B、シャンソンまでやったわ(笑)
なんでも仕事を選ばずやったなぁ!
これも有名どころが多いから名前は伏せとくわ。


しかし、ある時レコーディングの仕事でギターの譜面を渡された時に、譜面の上に赤鉛筆で「ラリーカールトン風に♪」と書いてあったのを見て、フト思ってん。

「そうかぁ、依頼者は この曲は俺じゃなくて本当はラリーカールトンに弾いて欲しかったんやなぁ!でもラリーカールトンを呼ぶ予算が無かったから、安く俺で済ましてるんやなぁ!」
って。


その瞬間から何か全てがバカバカしく感じてきてん!
それでスタジオワークやバックミュージシャンの仕事を休んで色々考えてみようと思ってん。   



ずっと関西と関東を行き来してたから当時の関西でのブルースやR&Bのブームは観て知ってました。

特に衝撃を受けたのは、タワー・オブ・パワーが初来日した時大阪府立体育館でコンサートがあったんやけど、その前座が『上田正樹とサウストウサウス』やったんやけどこの格好良さには参ったよなぁ!
ファンクやR&Bを日本人が、しかも関西人がこんなに格好良くやれるんやなぁと感心した。
特にギター弾いてた人(くんちょう)が 数曲だけ唄わはったんやけど、この唄が俺の心に響きわたって俺の音楽の方向性が大きく変わったわ!

そして京都の円山野音にジョン・メイオールが来日した時の前座が『ウェストロードブルースバンド』やって、このバンドが目茶苦茶上手くてなぁ。
ギターが二人いたんやけど(故塩次伸二・山岸潤史)、335を持ってた人、上手かったなぁ。
ドラム(松本照夫)もキマってたなぁ。


この二つのバンド以外にも関西で観た『憂歌団』のオリジナリティと石田長生のジャージーなギターには驚いたわ!


それまでブルースなどの黒人音楽は米軍基地で本物を間近で観てきたから、こういう音楽は黒人しか無理やと思ってたら、な、な、なんと日本の首都東京ではなく自分の地元の京都や大阪で本物の黒人よりブルージーでファンキーな音楽やっとるバンドが沢山あるとは青天の霹靂やったわ!

それで慌てて京都に戻って来たがな!


今ではさっき名前をあげた関西のバンドやミュージシャン達は、皆とても親しいんやけど、あの当時は誰も親しくしてくれへんかった。

それは多分俺がバンドだけではなく、用心棒とかもやってたので「ヤバイ連中」(故塩次氏談)やと思われて結構ビビられてしまって、あまり仲良くして貰えなかったように思うわ(>_<)

でも、俺も京都で昔の仲間と『LAY DOWN』という自分のバンドを組んで拾得などのライブハウスでガンガンやってた。

そして、その頃から話芸の方にも関心を持ち、上方の古典落語や漫才・漫談・新喜劇などの研究に没頭した!

特にフェバリットは松竹新喜劇の藤山寛美やったわ。

感動と笑いをその場のインプロビゼイションでブレンドして強烈な存在感でお客さんに楽しんで貰う、そのスタイルを俺も自分のステージにも持ち込みたかったんやわ。

それから失敗の連続の中から今の自分のライブのスタイルを作っていってん。


要するに、音楽は体を張って生きるか死ぬかの領域で精神世界を表現し、MCは逆にお笑い漫談スタイルで和んで貰うという形の芸風で「精神世界の音楽を大衆演芸化する」ことを自分のライフワークにする事に人生を賭ける為にスタジオワークやバックミュージシャンの仕事を辞める事にした訳ですわ!!

そしてそんな志を抱いて早や、芸能生活37年!

この分やと、まだまだ続くなぁ〜こりゃぁ(^_-)

▲ページTOPへ戻る

■自分にとっての音楽(5)
 (2008.05.26)
前のコラム

万博が終わった直後70年初頭はまだ日本にライブハウスと呼ばれる場所は存在しておらず、我々が演奏を人前でやるにはダンパ(ダンス・パーティーを略してそう呼んだ)のバンドとしてステージに立つしかなかった時代があるねん。

ダンパに出演するにはパー券(パーティ・チケットの略)を売りさばいてくるのが条件でした。
今でいうチケットノルマ制のライブハウスと同じやね。

ただ昔はPAなどの機材がまだ開発されておらず、出演依頼はギターやベースなどのアンプやドラムセットを持っているバンドが優先されていたのが現実でした。
それで俺らのバンドはオンボロながらメンバーがアンプ類を持っていたので(俺は何も持って無かったけどな) そういうダンパに出る事がよくあった。


ダンパでは客を飽きさせないために2つのバンドを入れて対バンさせる事がよくあったが、ある時ホテルでのダンパの対バンが、関東の(立川)米軍基地からよばれていたアメリカ人のバンドだった。
そのバンドのリーダーが日系の人で、その人に気に入られてカタコトの日本語で
「音楽で稼ぎたかったらバンドに入れ!明日来い!」
と言われた。

俺はまだガキやったから、日本にアメリカの軍隊が駐留してる事も知らずに、訳もわからずOKして次の日に待ち合わせの京都駅前の時計台の前に行ったら、ホンマにその日系人が待ってくれていて「Let's Go!」と言われ、電車にゆられてついていったら東京近くの米軍基地やった!

その基地の広さにまず吃驚!
今でも沖縄の嘉手納基地の面積と品川区の面積が同じぐらいらしいけど、当時はどれくらいの面積やったんかな、俺がまわった基地は少なくとも一つの区ぐらいはあったように思う。
毎日戦闘機が上空を舞い、コンバット(アメリカのテレビドラマ)で見た戦車やGIジョー(アーミー人形)みたいな米兵でいっぱいやった!
皆デカい!オマケに訳のわからん言葉で喋りよる!

当時はベトナム戦争の真っ直中で沖縄返還前後やった。
まだ空気が殺伐としていて危ない香りが漂う街やった。
基地の中には盛り場や住宅もあり、一つの街やった。
とてつもなく長いフェンスで区切られていたが、そこは日本とアメリカが陸続きやった。
初めは言葉もわからんし、食い物もや習慣も違うし、最低のトコやと思ったけど関西弁だけで押し通してたら、中にはイイ奴らもいて凄く親切にしてくれたわ!

演奏しても、良い演奏をした時は本当に感動してくれて涙流してくれる奴らもおったなぁ!
そのかわり演奏が良くないとすぐにブーイングが来て、演奏中にビール瓶を何度も投げられた。

酷い時はステージに上がってきて殴りかかってきて俺のギターを取り上げて自分で弾こうとする奴もいた。(勿論ソイツには寝てモラったけど!)
時代が熱くて、皆血の気が多くて狂ってたなぁ!
まだアメリカでは空手は少ししか知られてなくて、奴らは空手と忍者の区別がつかなかった時代やった。
喧嘩沙汰になった時によく忍者の真似をして呪文を唱えたら、皆飛んで逃げとった(大笑)!

何回も危ない目にあった事があった。
彼奴らはナイフや銃は標準装備やったから扱いも心得とった。ちょっとここでは詳しくは書けへんような命懸けの危ない橋を渡ったなぁ!俺の体には今でもその頃の傷が刻まれてる。


そんなある日一大事が起こった!
いつも陽気なある黒人兵士がクラブの隅で一人でギターを弾いているのを見た。

近付いてよく聴いてみたら、一人だけでベースラインもコードもメロディも弾きながら唄ってた!
それが目茶苦茶カッコ良くてカルチャーショックを受けた。
それでソイツに「なんや?その音楽は?」って尋ねたら、返ってきた答えが
「This is BLUES!」やった!

初めてブルースに出会った、俺にとっては歴史的瞬間やったなぁ。
気がついたら俺はサブイボ(鳥肌)が出てたわ!

その日からイッキに俺の人生はブルースに向いていったと思う!

奴がその時弾いてたのは今思うとロバート・ジョンソンやった。
俺は慌ててブルースのレコードを買いあさった。
日本にはまだ黒人のブルースが普及してなかったからなかなか手に入りにくかったけど、基地では手に入った。
もう、B.B.キング やT・ボーン・ウォーカー聴いて涙しまくりやったわ!

当時はブルースとR&Bやソウルやファンクの区別がついてなかったから、ジェームス・ブラウンもレイ・チャールズもオーティス・レディングもアレサ・フランクリンも黒人は全部ブルースやと思い込んでたわ(照笑)!

ともかくのめり込んで毎日毎日ブルースやった!
それこそ "Everyday I have the BLUES" やった♪


そんな思春期〜青春期やった西野やすし少年でした!


Robert Johnson
「コンプリート・レコーディングス」
価格: ¥ 2,306 (税込)

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る
Copyright (c) SINCE 2007 YASUSHI NISHINO OFFICIAL SITE All Rights Reserved.