▲「NISHINO'S 音楽コラム」INDEXページへ戻る


■自分にとっての音楽(4)
 (2007.12.06)
※前のコラム

その昔、若い時分は血気盛んでヤンチャして暴れてました。 毎日ほど喧嘩ばっかりしてましたねぇ。喧嘩が大好きで、殴り合いを路上でするのは俺にとっては楽しいレジャー兼スポーツでした(バカですねぇ、苦笑)。
その頃はワルばっかりしていて、世間様からは「愚連隊」とよばれる集団を組み、ナナハン400台でブイブイやっとりましたが、ただギターだけは真剣でした。

憧れのジョン・レノン様が若い頃は不良だったというのを本で読み、すっかり音楽の道を勘違いしてしまっていましたねぇ。
ローリングストーンズも不良やったし、キャロルも不良やった。
完全に勘違いしてました。

その時代はまだまだ日本ではロックに市民権はなく、髪の長い奴やリーゼントでエレキバンドをやってるような奴を世間様は『エレキ』という名の不良人種として扱った、貧困な時代やったねぇ。
だから俺らは不良がカッコエエと錯覚して、不良と呼ばれたいが為だけにギターに用がない時でも、何処へ行くのもエレキギターを持って歩いてたなぁ(笑)。
しかもギターを持って歩くのが重たかったので、中身は家に置いておいて、不良と呼ばれたいばかりに空のケースだけ持って伏見の街を『モメゴト』探してウロウロ徘徊しとりましたなぁ(笑)。いつもポリかヤクザとドツキアイの喧嘩ばっかりしてましたなぁ(笑)。カツアゲがライフワークな時代もありましたなぁ(笑)。
まぁ、どんなワルサをやってたかなどはここでは控えときますわ!(ちょっと載せられへんわ〜、さすがに!)

とにかく、ありとあらゆる事をやって『ヤカラ』な人生をおくっていましたが、何とか音楽のお陰で性根までは腐ってなかったと思います。
ただただ『ギターが上手くなって沢山のお客さんの前でカッコエエとこ見せたい』って事しか考えてへんかったなぁ。

その頃『ウッドストック コンサート』の記録フィルムを京都の祇園会館という映画館で三本立てで観て、メッチャビビりました。特に「スライ&ファミリーストーン」とジミヘン(注:ジミー・ヘンドリックス)にはシビレました!

今と時代が違い、まだvideoもDVDもこの地球上に登場しておらず、それこそ動いているロックスターを観たのはこれが初めてでした!
ジミヘンのインパクトには本当に空いた口がふさがりませんでした!
何十万人もの人達が集まったこのコンサートを観て、俺も人前でやれる様になりたい、と考えるようになりました。
映画の『ビートルズがヤってくる ヤァヤァヤァ!』にも夢中になりました。

そんな思春期をおくりながら、いつか人前で演奏して生活出来る事を夢見てガムシャラに下手くそなギターを練習してました!!

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る


■自分にとっての音楽(3)
 (2007.11.19)
※前のコラム

《初ステージ♪》

俺の行ってた中学(伏見中学)は俺の家のすぐ裏にあって、俺がギターばっかり弾いていて学校をサボってると、昼休みに校内放送で
「西野君早く学校に登校してきなさい!」
と、放送されるんやけど、家が近いから近所中にまる聞こえ。
オカンにエラい怒られて仕方なく学校へ行ったなぁ(笑)。

それぐらいギターばっかり弾いてたわ。
と言っても、当時は教則本もVideoも何も無い時代で、全曲自分の耳でコピーして必死に練習してたなぁ。
サイモン&ガーファンクルとかCSN&Yとかも大好きでアコギばっかり弾いてました。その頃になるとヤマハの17000円のフォークギターを持ってました。

当時はラジオの深夜放送の全盛期で、「ヤンタン(MBS)」、「ヤンリク(ABC)」を必死で聞いてたわ。
その頃は洋楽も邦楽も一緒にヒットチャートに並んでいて、ベスト5は 1位・私の城下町(小柳ルミ子)、 2位・ノックは三回(ドーン )、 3位・17才(南沙織)、 4位・ローズガーデン(リン アンダーソン) 、5位・Let it be(ビートルズ) ・・・みたいな感じやった。だからAMの深夜放送で普通に洋楽が耳に飛び込んできてん。

また、明星や平凡という雑誌に歌本がついていて、そこに、押さえ方の手のカタチが絵で書いてるギターのコードも書いてあって、それが唯一の情報源やった。
その頃好きやった女の子に何とかモテたい一心でギター弾いてましたねぇ(笑)。
で、中3の時にその好きやった子を含む10人位で一緒に文化祭でギターを弾いたのが、記念すべき俺の初ステージやったわ!

そこから俺のライブ人生がスタートしました!

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る


■自分にとっての音楽(2)
 (2007.10.19)
※前のコラム

小学生の頃はGSに夢中やったねぇ!
それから加山雄三・ジュンとネネ・黛じゅん・青江三奈・弘田美枝子・ザ ピーナッツ・なんかに夢中やったねぇ。映画では美空ひばり・小林旭・の歌。
それからなんたって大好きやったのはクレイジーキャッツ!(植木等は神やね)
そんな普通の歌謡曲を好んでたねぇ。

しょっちゅう近所の桃山城キャッスルランドの歌謡ショーを見に行っとったわ(裏からタダ入り) 。
そこで片っ端からGSを見たんやけど、その中でゴールデンカップスを見た時に『このグループは何か他のグループとは違うぁ、俺もこんなんやってみたいなぁ!カッコエエなぁ!』って思った。それは彼らは《長い髪の少女》と言うヒット曲以外は全部クリームみたいな洋楽ブルースロックをやってたからやねんなぁ。そんな事は後からわかったけどな。

その頃、《世界初の宇宙中継》で各国が自分の国の一番自慢出来るモノを映すという歴史的な、ベタな番組があったんやけど、その中でイギリスがBeatlesのスタジオライブを生中継しよったんやわ。 曲は確か「ALL YOU NEED IS LOVE」やったと思う。そのジョンレノンが唄う姿見て ビビッって感電してしもたんよ!(-_☆)

それからリアルタイムでBeatlesの新譜がシングル版(ドーナツ版)で出る度に買ってた!勿論初期のアルバムやら何から全部新聞配達して稼いだ金で買いあさってました。
当時シングル版が380円くらいやったかなぁ?!
それから中学入ってもBeatles。その中でもジョンレノン。
ジョン・レノン一色の音楽人生が始まってしまってん。

ギターを弾き始めたのもその頃からで、小学校高学年くらいからやと思う。
中学校になると学校なんか全く行かずにギターの練習ばっかりやってましたわ!マジで朝から晩までギター弾いてたなぁ(笑)。ホンマ!

最初に買ったギターが4000円のガットギターやったん覚えてます!
それが小学生の時で、中学になるとどうしてもエレキが欲しくて買ったんが「少年マガジン」に載ってた通販のアンプ付き5000円のグヤトーンのジャガーモデルやったなぁ!

そこから俺の音楽人生がスタートしてしまいました!

━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る


■自分にとっての音楽(1)
 (2007.08.31)

正直言って今現在は音楽を聴く事は全くありません!
変な話ですが今となっては音楽を聴くのは好きではありません。イワユル職業病みたいなモンですわ。
魚屋さんが魚を見るのもウンザリとか天麩羅屋さんが天麩羅を食べる気がしないとか言うのと同じで俺は音楽を聞くと自分の意志にかかわらず勝手に頭が仕事をし始めるので(コード進行やスケールなどを勝手に分析してしまう)、全然落ち着けないんです。
でもね、自分がLIVEでプレイするのは大好きなんですけどね(笑)。聴くのは疲れますねぇ!

それでも昔は聴くのが大好きで、レコードを山ほど買いあさってました。今回はその大好きだった音楽の話をしたいと思います!

まず子供の頃にさかのぼりますが、幼少の頃に好きだったのは一緒に住んでいた叔父が歌う軍歌でしたねぇ。「ラバウル小唄」や「異国の丘」など今でも歌詞も全部覚えてますねぇ。
それから俺ん家は近所に貸し本屋をやっており、そこにもう一人の叔父がおりました。その叔父は作曲家で、昔は銀幕のスター時代の映画音楽など、様々な曲を作っていました。(今現在も80歳をまわっても元気に作曲活動しております。)
その叔父の影響で幼い頃からjazzなどの音楽は俺の体に自然に入って来ていたように思います。
その2組の叔父とその連れ合いである叔母達は自分の人生のベーシックを形成するのに重大な存在でした。

当時、昭和30年代前半の日本は 戦後→復興→の狭間で、来たるべき高度成長の象徴である東京オリンピックと万博に向かって足音をコロして『只今日本中準備中!』って感じでした。東京タワーや京都タワーなど各地で競ってタワー建設してましたねぇ。

また、街頭テレビで力道山のプロレスを観て熱くなってましたねぇ!
そのプロレスは俺に音楽とは別のもう一つの道である、格闘技に進ませる結果と成りました!

という風に俺の現在の人生のベーシックである『音楽 』&『格闘技』は幼少の頃の昭和の成長期にはぐくまれた訳であります!


━━━━━━━
▲ページTOPへ戻る
Copyright (c) SINCE 2007 YASUSHI NISHINO OFFICIAL SITE All Rights Reserved.