2014.05.03 




《押忍!》


世間様ではGWに入りましたがな!


俺は相も変わらず、東京と京都を行ったり来たりの毎日です。

最近はレコーディングのスタジオワークの方がライブより多くて、機材が多いので、電車では厳しいので車で往復する事が殆どな生活です。

いつも車で片道五〜六時間くらいかな。

休憩も無しでイッキに行くので、腰が痛いけど、休憩をすると、もう動くのが嫌になってしまい、余計に疲労感が来るので、イッキの方が楽かな。

勿論、独り旅なので、話し相手も無く、ラジオだけが友達やね(笑)
ラジオに返事とかツッコミを入れたりしながら、独走してるわ!

まぁ、片道500?の道のりやから、時速500?で走れば一時間で到着するんやけど、俺の車では無理やからなぁ(笑)


はてさて、
5月5日 京都RAG にて
東原力哉(dr) と対決します。
和佐田達彦(b)
中村建治(key)

メッチャ、おもろいカードやろ!
飛び入りに皇甫純圭さん(vo) も来てくれます!

是非来て下さい。


俺自身力哉君とやるのは久し振りなので楽しみにしてます!

ではRAGで会いましょう。


2014.03.10 




《押忍!》


いやはや 冬も終わり 春になろうとしてますなぁ。
今年の冬の異常な雪には参りましたなぁ!

皆様 如何お過ごしでしょうか?


こちらは、最近プロデュース業をやっとりまして、若い新人さんのアルバムを手掛けたりしとります。
才能のある若い人には本当に驚かされますなぁ!

自分達の時代には無かった物や、自分達の時代にはいなかった人類と遭遇します。

逆に凄い刺激を貰います。


いやはや、驚きと刺激の春先を迎えております。


2013.12.17




《押忍!》


訃報ばっかり載せて暗い気分にさせたかも知れんので、訃報以外の出来事を書きます。


ここ一週間、大阪に泊まり込みで、BLACK BULLET のレコーディングに、徹夜続きの日々を送ってお、ます。


前作アルバムから一年経ち ドラマーが岡地氏に変わり、只今「旬」のBLACK BULLETですが、今回はオリジナル曲を網羅して、新作を発表しようと頑張っておりまする。

俺も、西村ヒロも、江川ほーじんも、新オリジナル曲を引っ提げての、渾身の一打!(に、仕上がるハズ)

なかなか面白い曲が出揃ってます。
今までとは、違う感じの楽曲が並んどります。


我々のバンドが目指す音楽的コンセプトは

「Funk Band」では無く、「ファンク バンド」です!


楽しみに待っといて下さいませ!


2013.12.11




《訃報》


カホーン、ハープ、奏者のモーリー宮本氏が他界されました。

彼は 建設業の社長をやりながら 音楽にたずさわり、ことのほか関西のプロミュージシャン達と、繋がりがありました。

ミュージシャン達からも、厚い信頼を得ていた 不思議な人物でしたが、病には勝てず、12月3日に旅立っていきました。

ここ数日の間に、ミュージシャン仲間が四人も亡くなりました。
その四人とも56歳 という恐ろしき偶然!


四人に「黙想」を !
そして、合掌。


2013.11.25




《訃報》


ギターリストの岩田浩史氏が
11月24日朝に 旅立ってしまわれた。

また一人、同世代の素晴らしい音楽家が逝ってしまった。


彼は男気のあるタイプ な人で、周りから「兄貴」と慕われていた。

よい「男」 だった。


最後に、亡くなった彼に会ってきた仲間の状況報告を、載せたい。


安らかな表情でいつもの男前、葬儀というラストステージに向けて白いスーツに蛇柄シャツでキメていた。
治療薬はすべて使いきって癌の末期である肺炎を発症、お別れとなるモルヒネを打つのに躊躇する看護師に向かって「思いきってズバッとやれ」と叱咤したという。

家族へは「楽しかったぜ」という最後のセリフ。



以上

やりきれない想いを胸に 合掌


2013.11.22 




《押忍!》


恐怖のBLACK BULLET肉体酷使ツアーから帰ってまいりやしたぁ!

二週間、毎日liveしては、また移動しを繰り返し、この分だと一生終わらないかと思う旅ではあったが、何とか無事終了し、帰宅。

三重、広島、福岡、鹿児島、奄美、熊本、大分、山口、鳥取、大阪、という順にまわったんやけど、何処も全力疾走で頑張ったわ!
勿論手抜きは一切無しの、全身全霊liveの毎日でしたあ。

何処も、その地方独特な感じがあり、客層も様々やったわ。



40年以上この仕事をやっていると、行った事のない街は無いくらいに思っていたが、奄美大島は初めての土地やった!

高波3メートルの外海を、片道15時間の船酔い旅はさすがにヘビーやったけど、この日記に船酔いレポートを載せたら、なんと、船酔いの対処方法をメールしてきてくれる有りがたい人がいて、その教えを忠実に守ったら、帰りの船旅は3メートルの高波の15時間やったけど、全然大丈夫やった!

メールくれた方、本当に有難う。
感謝です!

奄美は真夏並みの暖かさでした。

とは言え、世間は11月の冬やのに、BLACK BULLETのメンバー の中で最も頭の悪い、某ハーピストは、海をふんどし一丁で泳いでおりました。

アホでんな、アレは!

でも、海はホンマに綺麗やったよ。
あの透明感には、感動したわ!
サンゴと、ヤシの木、周りは サトウキビ畑!
この世の楽園やったわ。


奄美   


しかし、ハブには参ったなぁ! 捕まえると一匹4000円で役所が買い取ってくれるんやて。
普通に、その辺におるで。



ハブ   



熊本も、お客さんのノリが良くてオモロカッタわ。

しかし、1番最悪にショックやったのは、鹿児島の時。
頭の高さにあったモニタースピーカーが落ちてきて、俺のスタンドに立てておいたメインギター(黒いギブソン335)にぶつかってしまい、ギターが倒れ、ネックの裏側がエグレて、ネックやフレットにズレが出て、大変な事態やった。


335   


精神的にも楽器的にも、メッチャ凹んだわ!
悲しい限りやわ。

京都に戻って早速 イーストビレッジギターズの、東村氏にリぺアーして貰いに行ったわ。
まぁ、ネックがエグレタのは治らんけど、弾く事には支障がないそうな。


で、ギターと言えば 、山口県の柳井にあるマーシャル博物館でliveしたんやけど、そこはギターアンプで有名なマーシャルの公認記念館で、通にはたまらないもんが山盛り展示してあったわ。

俺の目を釘付けにしたのは、BBA(ベック、ボガード、アピス)のlive in JAPAN のジャケットに写っていたツアーケースやわ。
イーグルスのツアーケースもあった!


BEAC


EAGLES
  

で、感激したのが、博物館の館長さんが突然「ジェフベックが使ってた60年のストラトが有りますけど、弾いてみますか?」って言うてくれはって、大変に貴重な物を保管場所から出してきてくれはったんよ!

ほんで、ベックのストラトをリハで弾かせて貰ったわ!


GUITAR   


メッチャええ音しとったで、マジで!



これなら 欲しいな、と思いまして、値段を聞いたら、
「値段はつけられないけど、数千万円は下らんです」
と言われ、相当悩んだんやけど、五千円くらいしか持ってなかったので
「今度にしますわ」
と言って、心の中で、
(俺には黒い335が有る!ジェフ・ベックごときに迷わされてはならぬ!)
と心を鬼にして、男らしくきっぱりと
「五千円に負かりまへんか?」
と尋ねたが、交渉決裂に終わったのだった!

(ジェフ・ベックは、まぁまぁ上手いけどなぁ♪・・・まぁ、どちらかと言うと死ぬほど上手♪)



てな、感じでツアーも無事終わり、BLACK BULLETは二枚目のアルバム製作に突入致します。


2013.11.08




《押忍!》


現在BLACK BULLETのツアー中で、鹿児島から奄美大島へ移動の船上から、携帯メールにて日記をシタタメテおります。


夕方五時に鹿児島港を出港して、翌朝の八時に奄美に到着の船に乗ってるんやけど、当初 15時間もノンビリ出来て、久々にゆっくり睡眠がとれるなぁと、ウキウキ気分で乗船したのはよいが、ナント、外海のため、目茶苦茶に揺れる!

おかげで、最悪の船酔い旅になっております。

他のメンバーは酒を呑んで、爆睡。
そんな中、ゲロゲロで、独り、孤独の旅路。

しかし、そこで思い立ったんやけど、こんな船酔いでゲロゲロ最悪の気分の時に、気分の悪い日記を書いてみようと! なかなか「船酔い」なんて、日常では経験出来ないもんなぁ。
どれだけ気分が悪いかをレポートしてみようと!


出港して一時間くらいは、噴火する桜島を観ながら、甲板で最高の気分!

これで、メンバーの江川アホ〜じんや西村ヒロや岡地あきひろが 一緒じゃなければもっと最高やのになぁ〜と、思いを巡らすロマンチック・ロケーションでした。

ところが、湾を出て外海に出ると、これが揺れる揺れる。
とうとう船に酔ってしまう結果に成りにケリ。

腹まで調子悪くなってきて、上に下に最悪。
段々、体から脂汗が吹き出てきて、血の気が引く感じ。

で、今、深夜0時を、最悪の気分でむかえております。
後、八時間の我慢!

ここで、ひとつだけ学習したことっていうか、わかったことがあります。

船酔いの時にメールで文章を書くと、酔いが余計に酷くなるって事!!



あぁ、気分悪い、ゲロゲロ!

・・・中継を終わります。


2013.11.08




《押忍!》


台風の話ばかりで申し訳ないが、こんな オチが ついた。

京都市が、
「台風18号の川の氾濫による伏見区の水害は、天災ではなく、人災である」
と、発表した。

なんでも ポンプの係員のミス らしい!

たまらんなぁ!


2013.11.01 




《押忍!》


いやはや、台風18号には酷い目にあいました。

自分が被災者になるとは、夢にも思ってなかったから何もかもが、驚きやった!

川が氾濫して家の二階にまで泥水が上がったのにも驚異やったけど、その後の後始末が エゲツナク大変な事にも驚異やった!


あの、「瓦礫の山と泥の海」から抜け出すのは一生無理かと思っていたら、役所の災害担当の福祉課の方と、龍谷大学のボランティア団体の方々に、本当に本当に助けて頂き、何とかボチボチ片付けられて来たわ。


しかし、今回ほど人の親切の有り難みが身にしみた事はないわ。


ボランティアの方々が15人くらい助けに来てくれて、泥だらけになって瓦礫と化した家財道具を廃棄する作業を手伝ってくれて、これがまた目茶苦茶に段取りが良くて、リーダーの指示で全員が一丸となって、瓦礫撤去してくれました!


もうホンマに感謝です。

これからは、人にもっと親切にせなアカンなぁ〜と、柄にもなく思う今日この頃であります!



さて、恐怖スケジュールのBLACK BULLETツアーの始まりです。


二週間 ぶっ通しで、

三重→広島→福岡→鹿児島→奄美大島→熊本→大分→山口→鳥取→大阪

と、毎日、車移動(機材が多いので仕方ない)の殺人的スケジュールです。


演奏より、なんと言っても移動がキツい強行軍ですわ〜。


2013.09.20 




《押忍!》


■台風18号の爪痕

関西を襲った 数十年に一度の 大型台風が、 まさかの、我が家(伏見の家)を襲撃!!

俺の伏見区の家の裏に流れる川(琵琶湖疎水)が氾濫し、一階が完全に水没してしまい、二階まで浸水寸前の大惨事となってしまいました。

川の水位が、家の二階と同じになり 一階はすでに泥水の底!!
台風から2日経ち、一階から水は引いたけど、今度は「泥の海」と「瓦礫の山」。


これをどうしたものか、途方にくれる今日この頃です。


「被災者」という単語は、テレビのニュースで聞く、悲劇的出来事のとても辛い人、の事だったんやけど、まさか自分の事になろうとは!!


しかし 生まれ育った家の変わり果てた姿を見るのは悲しいもんやね。


東北の震災や津波の被害にあわれた方々の事を思うと、こんな事ぐらいで泣き言は言えんけどね!


まぁ ボチボチ やりまっさ!!


11:43 2013/09/20
※川から出ているのは、二階で、一階は川の底です。     


台風1
 

台風2
 

台風3



2013.08.15 




《押忍!》


いやはや、お久しぶり!
連日の猛暑、たまりまへんなぁホンマ(;_;)


体調崩してまへんか?
俺は旅から旅の毎日ですわ!

東北/北陸のツアーも終わり、俺の誕生日の、祇園祭LIVEも終わり、気づけば、明日は大文字の送り火やん。


一年早いわぁ〜。
お盆も終わりやね!
(『盆』と言う単語は 日本語では無いらしい。インドから仏教と共に伝わった サンスクリット語らしいで!元々は『ウラボン』が語源なんやて。)


もう今年はツアーを生き甲斐に、旅から旅への、オーバーワーク人生に撤しますわ( ´ー`)


そうそう、明日(8月16日)、京都RAGにて『Black Bullet』LIVE、やっとります!
是非、応援に来てたもれ!


2013.05.14 




《押忍!》


六甲おろし鳴り止まず!
阪神タイガース 快進撃!
優勝決定予定!


しかし、どないなってるんや? メッチャ強いやん。
これは パースがおらんでもイケるで!
藤浪ええやん! 能見のホームラン最高! 新井どないしたんや急に目が覚めたんかぁ〜!
マートン打ってや〜 パースの代わりに! 西岡 福留 頼りにしてまっせ〜!
でも何たって鳥谷 アンタが最高や! 
個人的には 藤井の男前がええなぁ!


今年も優勝した日には 道頓堀で祝勝会や〜!!


2013.04.22 




《押忍!》


ちょっと前に大阪で、俺のバンドのライブのオープニングアクトに、三人組ギャルのアイドルグループが出た事があった。

当日急にブッキングが入ったんやけど、きょうびの若いガキは挨拶もちゃんと出来ない事が、嘆かわしかったわ、ホンマ!

アイドルっていうだけで、周りの男どもがチヤホヤするんやろうけど、心を込めて人に挨拶も出来んような奴らに、我々と同じ芸の世界にいる資格は無い!

ましてや、先輩に対して挨拶出来んとは、本当に嘆かわしい!


我々の時代には考えられんなぁ。
先輩ミュージシャンには絶対服従の世界やったわ。

当時は(今から40年くらい前)いつも先輩ミュージシャンに、ボコボコにされたモンやで。

俺の場合、先輩と実際に殴り合いしたら当然負けるわけ無いんやけど(^^);;、後輩は絶対に逆らえないのが、我々芸事の世界の厳しい掟やった!
駆け出しの若いモンである、『ボーヤ』(今で言うローディ)はこき使われてなんぼやったわ。


まぁ、そんな俺らの時代の掟を今の若者に押し付けても無意味やとは思うが、挨拶も出来んようなアホは、『聖地である舞台に立つべからず!』やわ。


アイドルと言うても、俺にはAKBもオニャンコ倶楽部もキャンディーズもフォーリーブスも嵐も区別がつかんが(でもSMAPはわかる気がする)、挨拶さえちゃんと出来れば、全然OKなんやけどなぁ(^_^)

てな事で、アイドルなんか大嫌いな、頭の硬いオジサンのボヤキでした。
御静聴有り難う御座いました。


2013.04.01 




《訃報》


かねてより病院療養中であられたスピリチュアルボィセスのピアニストで、YaJuのアルバムにも参加して貰っている、山口朗(アキラ)さんが、3月29日(金)に天に召されました。

ここに生前のご厚誼を感謝し謹んでご通知申し上げます。


何故、善い人は早く逝くのでしょうか。
無念です。

YaJuのアルバムをお持ちの方は、是非今一度、アキラさんのピアノに耳をかたむけて下さい。


仲間が一人ずつ減っていくのは悲しい事です。


合掌


2013.03.08 




《押忍!》


春やなぁ。

つい先日までの雪は何やったんや!ちゅう感じやね。
まぁ3月やからなぁ、もうすぐ桜の季節やもんな。


ウチの犬と猫と鳥はすくすく育ってるわ。

もう犬の『月ちゃん』も、猫の『福ちゃん』も1歳になったわ。

月ちゃんは強烈なヤンチャ姉ちゃんに、福ちゃんは、それはそれは我慢強く優しい弟に育ったわ!

相変わらず二人は毎日仲良く喧嘩してはるわ。

と言っても、月ちゃんが一方的に噛みついてるだけで、福ちゃんは、噛まれようが押し潰されようが、ただじっと我慢して耐えたはるだけなんやけどな(苦笑)


しかしまぁ、なんとワガママ勝手な姉ちゃんと、人格的に立派な猫が出来た弟に育ったこっちゃわ。




20130308.jpg





2013.02.18 




《押忍!》


ツアーも明日が楽日。

今回のツアーは意義のある旅やったわ。

ツアー後半から尻上がりに調子良くなってきて、バンドらしい音が固まりつつあるわ〜!

岡地さんがBLACK BULLETの正式メンバーになって すっかりバンドの雰囲気やテンションが変わったわ!

さすがブルース界の大御所やね!!
ホンマ御機嫌です!


BLACK BULLET
これからが『旬』に突入でありま〜す!


2013.02.12 




《押忍!》


毎日寒い日が続くねぇ。


この寒い中 今月13日から

BLACK BULLETのツアーが始まる。

13日 東京(音楽室DX)
14日 浜松(ワッツ)
15日 京都(RAG )
16日 神戸(チキンジョージ)
17日 広島(ジャイブ)
18日 大阪(DV)

6日間休み無しのスケジュール。


ツアーは ライブよりも、とにかく移動が地獄。
機材が有るので、ライブで疲れきってる中を毎日、車移動!
ワゴン車で長旅しながら、今日はこの町、明日はあの町で、明後日はどの町やったっけ?・・・・って感じがいかにもバンドマンの生き様!


これがミュージシャンとバンドマンの違いやな(*_*)


疲れるでぇホンマ(゜o゜)

睡眠不足と疲労の毎日やけど、バンドちゅうモノは、旅しながら成長していくモンやねんな、これが!


今回のツアーで注目は新加入ドラマーの岡地曙裕さんです!
ブルースやファンクなど 黒人音楽 老舗専門店ならではのアプローチが見物!

岡地氏は過去に、近藤房之助を輩出した ブルースの伝説的バンドの『ブレイクダウン』
紅白歌合戦にも出たニューオリンズ音楽のパイオニア『ボガンボス』
吾妻光良氏率いる テキサスジャンプの勇『スィンギングバッパーズ』

などなど、日本のブラックミュージックの王道を歩んできた彼が、我、BLACK BULLETでまた新たな金字塔を打ち立てられるのか(^_-)-☆


是非ともライブを見届けに来て貰いたいで御座いますです!


--------------------------------------

<記事>


日本の伝説的楽器メーカー『Guyatone』が半世紀以上の歴史に幕を閉じた。

1956年創業以来 エレキ楽器のパイオニアとして音楽界をリードしてきたが、2013年1月31日その伝統の歴史にピリオドが打たれた。


とても残念な結果です。

自分も長年マイクロエフェクターのモニターをやらせて頂いていたので、断腸の思いである。


少年時代 少年マガジンの通販でなけなしの金をはたいて初めて手にしたギターが、Guyatoneのjaguarモデルだった。


あれから半世紀 俺にとっては『特別な存在』であり続けた王道の歴史が終わるのは無念である。


2013.01.22 




《押忍!》


東京に突然降った雪がまだ解けずに残っていて、バイクで転けたがな。(1月20日現在)


高円寺の俺ん家の玄関にはかなり雪が残っていて、おまけに凍りついていて、バイクを門まで押してる時に滑ったがな!

なんじゃこりゃ〜、ちゅうぐらいの雪やな(@_@)


もう1月も終わりやろ、2月はライブばっかりで大変ですわ!

毎日ライブやわ(*_*)
「BLACK BULLET」 のツアーが入ってるから東京から広島まで一週間毎日ライブやわ。

体力もつかなぁ。


さて、今年も どうせアッという間に終わってしまうから 急いで走り出そうや!




20130122.jpg



2013.01.08 




《押忍!》


明けましておめでとう御座います!
本年もヨロシュウ!
もう年が明けて一週間も経ってしまいましたが。


去年 芸歴40周年やったんやけど何も残せなかった、と後悔していた矢先、大晦日の年越しライブで、大ドンデン返し。

総勢80人のミュージシャンや弟子達から、40周年のお祝いメッセージを一冊の本に纏めてステージ中にプレゼントして貰いましたがな!


これはマジで嬉しかったなぁ!


このサプライズプレゼントを企画してくれた人達が半年がかりで作ってくれたそうで、その連絡網の凄さと、ずっと俺には内緒でサプライズにしてくれていたメッセージを送ってくれた80人に、ビックリやわ!

そして、年末の超忙しい時期に寝ずで仕上げてくれて。


ホンマに心から感謝やわ!

一生の宝物やわ。


皆さんから頂いたメッセージを読んで、40年間やってきて、つくづく良かったなぁ、と実感したわ!



メッセージくれた面子は、




いつも一緒に演奏してるバンドやセッションのメンバーやら、

デュオの相方達やら、

日頃からボロクソに言い合っているシカゴ在住のブルース・アホアホピアニストやら、

東京八王子にお住まいのろくでもない人やら、

そのろくでもない人に振り回されて悲惨な人生を楽しくおくっている、日本一善人な二人のベーシストとギタリストやら、

背は低いが声は恐ろしく高い、世界的有名ヘビメタ歌手の方やら、

スキンヘッドの大阪の物知りベーシストやら、

初台のシンガーソング100円ライター、吟遊詩瓶やら、

トランプのババみたいなハーモニカのオッチャンやら、

大阪は新世界の昭和歌謡歌手やら、

東京は用賀の格闘技オタクのジャズ歌手やら、

バカでか声の鉄拳ロック歌手やら、

Garyu's Barのお笑い司会者やら、

その昔はツナギの作業服着て、喫煙推奨のブギーをやっておられた俳諧老人の方やら、

マイクロでジャクソンな京都名物ブルース専門店のギタリストな人やら、

高知の日本一呑気なトンチンカンで、スティック飛ばし名人ドラマーな人やら、

新大阪のヤヤコシイ、人相の悪いドラムヤクザさんやら、

広島のファンキーでナマイキーなレディースピアノの方やら、

「隣の人間国宝さん」の認定証を武器に活躍するカリンバベースでハルゾウな(言うてもたがな)方やら、

京都平安出身で元男前の爆風メタボベーシストやら、

人間の領域を超えた激辛カレー主食の、イカレ味覚・骨壺ベーシストやら。




もう有名無名かかわらず 紹介しきれない数の方々が名を連ねてくれてました!


イヤハヤ メッセージを頂戴した皆様本当に有り難う御座いました。
ホンマ心より感謝致します!




最後に、私のスタッフを長年やってくれているチームD-ZONEのお二人に、最大級の感謝致します!


さて、50周年まで、もういっちょ気張ろか!


2012.12.28 




《押忍!》

今年も一年 おおきにでした。

2012年も終わり 年を越そうとしております。


年々訃報が増えていく一方ですが、さすがにもう慣れましたわ!
ここ数年の訃報ラッシュに 遂には慣れてしまいました。

『どうせ来年も 暗いニュースだらけだろう!』と 開き直る事にしました。


でも、出来れば来年こそは、明るいニュースを期待しとるんやけどなぁ〜。

芸能生活40周年も無事終え(何もしないままですが)、後は、来たる50周年を待つばかりですわ!

どうか来年こそは 皆様にとって素晴らしき年でありますように。


どうぞ良いお年を お迎え下さい!

西野やすし


2012.11.30 




《押忍!》

もう、師走やねぇ。

早過ぎるなぁ、年々!



今年は俺も芸能生活40周年やったんやけど、「BLACK BULEET」と「Ya Ju」の二枚のCDを出したら精魂尽き果ててしまい、40周年のイベントやソロアルバムの制作など、予定してた事は何も出来なかったなぁ。


少し悔いの残る年になってしまったわ。


次は50周年の時に何かやろうかな。

この分やとすぐに50周年になりそうやわ〜!
来年に「41周年記念」なんか中途半端でオカシイもんな?


レコーディングばかり超忙しくてライブをあまりしてない気がするけど、まぁしゃあないかぁ〜(*_*)



今年も沢山仲間や身内が亡くなったけど、まぁそういう年齢になってしまったって事で仕方ないんかもな。
来年も多い気がするなぁ。

年々増える一方やわ。


良いお年を!


2012.11.12 




訃報が続く今日この頃です。

いつも仲間が亡くなるのは本当に悲しい事です。
寂しいというのが本音かも知れんね。

もっと正直に言えば、『無念』と言う気持ちかも知れん!


いつからか俺のHPの『ぼちぼち日記』は、訃報の伝言板みたいになってきた。

ほんのここ数年で、

ボビー原、塩次伸二、エディ金井、山本マーサン、渡辺大之伸、五十川清、コータロウ、西岡恭蔵、ヨッサン、マンボ松本、市川修、古澤良次郎、青木智仁、村上ゆみこ、ブッチャー浅野、輪島武子、島田和夫、そして先日の桑名正博と、知り合いのミュージシャンだけでもかなりの数にのぼってきた。

ミュージシャンじゃない人を入れると本当に数えきれなくなってきた。


どの人も善い人ばかりなのが悔やまれてならない。
『憎まれっ子世にはばかる』は本当かも知れん。


どうも50代が危ないようやわ。
『四捨五入すると還暦』という世代のミュージシャンが一番率が高そうに思う!(正に俺やがな)

しかしこれだけ続くと、人間の死というものに対して『あきらめ』が出てきて、『そういうモノなんや』と割り切れるようになってきた。


昔は『寿命』なんてモノの存在を認められなかったけど、両親が逝き、身内もどんどん亡くなり、バタバタと知人や、長年飼っていた猫まで死んでしまうと、つくづく『自分もそういう年齢になってしまったんやなぁ!』と、納得出来るようになったわ!

納得というよりは、諦めやな!



南無阿弥陀物  合掌


2012.10.29 




桑名正博氏の御冥福をお祈り致します。


彼は大変に優しい男でした。

気の短い怒りっぽいイメージがあるかも知れませんが、
優しさと面倒見の良さが抜群に際立った、男気のある『良い男』でした。

残念です。

阪神大震災の直後、彼とチャリティーの打ち合わせをした時の、熱い目を一生忘れません!


大阪で、ライブ後に仲間と焼き肉屋に入り窓際の席で食事をしていたら、たまたま偶然に通りかかったマサヤンが俺を見つけて店内に入って来て、一言二言声を掛けて来たかと思うと、いきなり「悪い!急ぐし行くわ。」とだけ言って、ニコッと笑いながら勝手に俺らの伝票を持ってレジへ行き、勘定を払って立ち去って行きました。

その時の彼の最高の笑顔が瞼にこびり付いています。


彼は芸能人とミュージシャンの両方の顔を持っていましたが、俺は『昔気質な我がままミュージシャン』の彼が好きでした!


マサヤン 
音楽という素晴らしい言葉を ありがとう!


不本意かも知れませんが、ゆっくり休んで下さい。


謹んで哀悼の意を表します。


合掌


2012.10.15 



先日亡くなった「憂歌団の島田和夫氏に哀悼の意を告げたいと思います。


島ヤンはとても優しい人だっただけにいたたまれません。

優し過ぎてこうなってしまったのかな……とも思います。

6日の告別式には会場に入りきらない程の参列者でした。

皆さん一様に悔しさと無念さを
こらえていました。

こんな辛い別れになろうとは……!


島ヤンのブラシのドラムが目に焼き付いている 今日この頃です。


哀悼の意を表します。


合掌


2012.09.24 


《押忍!》


こないだ祇園のライブハウス<ピックアップ>に「2×4=8」でハッチャンと出た時、リハの後に飯を食いに、<菊水>という四条大橋の袂(南座の向かい)にある100年の歴史を持つ老舗レストランに入った。


賑やかな四条通りに面したガラス越しの入口から中に入ると、入って直ぐの、丸い円テーブルが5席空いてました。
俺はその5席目に座りました。
そして海老ピラフを食べてた。(菊水の海老ピラフは絶品でっせ)


暫くすると、空いていた残る4席にモーニングの正装姿の男性が4人座らはった。

ところが、何か様子がおかしい!


その4人のモーニング正装男性諸君は、手に手に明らかに我々とジャンルの異なる楽器を持ってはりました。
チェロ、ヴィオラ、第1バィオリン、第2バィオリン・・・ん、これは?

と思ってるウチに、何と、アッという間に、その丸い円テーブルは『弦楽四重奏』のクラッシック音楽のステージと化した!


俺は知らんかったんやけど、このレストランは戦後からずっと、夕方には弦楽四重奏の演奏をお客さんに聴かせるミニコンサートを無料で行ってはるらしいわ(@_@)

しかしそんな事情を知らずに、そのステージにあたる円テーブルの第5席目に座った俺は困ったでぇ〜(*_*)

他のお客さんからよく見えるように、その円テーブルだけが正面にお客さん全員と向き合うようにセッティングされていて、お客さんから見ると、ステージ上に5人上がっているのに、俺だけが『何もしていない人』なんやで(;_;)

これには参ったわ!

滅茶苦茶にバツ悪かったわ!(MCするのも有り難迷惑やろしなぁ)

しかも俺もジャンルは違えど、人前で音楽をやる身の上やから、何もせずにステージで手ぶらでいるのは、フリチンで河原町を歩くような恥ずかしさやったわ(;_;)

なまじっか楽譜が読めるもんやから 隣のバィオリンの人の譜面ばかり追っかけてしまい、30分間の演奏終了時には、一緒に立ってお辞儀だけしたがな(^_-)-☆


イヤー参った参った。

わかりにくいかも知れんけど、添付したこの写真の俺は、スプーンを弾いている!!



さて、いよいよBLACK BULLETのCD発売記念ライブ週間突入です!

24日 XYZ toA(東京八王子)
25日 次郎吉(東京高円寺)
28日 都雅都雅(京都)
29日 D-V(大阪)
30日 ジェームス(神戸)



忘れんと来てや!
渾身のCDも買うてや〜!
頼んまっせ〜!


※ライブの仔細はスケジュールページを参照下さい。




20120224.jpg



2012.09.21 


《押忍!》


BLACK BULLETのCD発売記念ライブツアーが近い!
関東三本→関西三本(スケジュール欄参照)

やっぱりこのバンドは面白いわ!
細かいキメゴトなんかで勝負してないからなぁ(キメゴトが合わんだけやけどな)
勢いだけは日本1ちゃうかな(^_-)-☆

是非ともライブ観て欲しいし、CDを聴いて欲しいなぁ。
俺らの力を、体感して貰いたいねぇ!

俺も手加減無しで、全力で
喋り、歌い、弾きまくってますわ!

絶対 ライブツアーに来てや〜!


BLACK BULLET 日直より


※管理人からのお知らせです。

BLACK BULLET のHPができました!
CD購入サイト(ライブ&ダイニングバー 音楽室DXのCD通販サイト)へのリンクが貼ってあります。
よろしくお願いします。


2012.09.19


《押忍!》


タイガース 金本知憲選手が引退を発表しはりましたなぁ。

まぁ、今さらこの人の偉大な功績を語っても意味が無いとは思うが。
タイガースファンならずとも、この人の偉業を否定する日本国民はいないやろう!

勿論、我々阪神ファンにとっては頼れる『アニキ』として長年に渡り不動の四番バッターだった訳やけど、それがここ数年怪我による戦線離脱から、下位打者か代打という位置付けで不振と闘ってきた。


過去の栄光から見れば、見る影も無い状態。
それでも彼が打席に立つと一番観客が湧く!
打てようが、打て無かろうが、関係ない!


やっぱり 圧倒的存在感、神通力、オーラ、要するに歌舞伎的に言う『千両役者』なんやね!
金本でないとアカンねんなぁ。
新井兄弟ではまだまだ役者不足なんやね。(いつまでもそんな事言うてたらアカンのは、ようわかってるねんけどな)


あの『男らしさ』は究極の<カッコエエ!>なんよ。
デカい口も叩かんし、文句も言わん。
ただただ自分の行動で結果を出し続け、泣き言は言わん!
そして『休まん!』 
それが連続フル出場記録に現れてる。


なんちゅう、素晴らしき男の中の男!
本物の武士道を知る侍やな!


そしてその鉄人が遂に今シーズンを最後にユニフォームを脱ぐ。
発表記者会見で見せた涙が、心に突き刺ささって万感胸迫る想いですわ!

その鉄人が新聞社に寄せた手書きの座右の銘(写真)に、また胸打たれる俺であります。

強い信念・素直な心』やて。

ホンマ、その通りやな!
金本が言うからカッコエエねやろうけど(^_^)


まぁしかし『アニキ』とは言え、俺より10歳以上年下なんやけどな(^_-)-☆
俺はいつ引退しようかなぁ!
そろそろかなぁ(;_;)


とにかく鉄人金本知憲選手ホンマに、ご苦労様。
そして「有り難う!」


押忍、そして 感謝。




20120919.jpg



2012.09.12


《押忍!》


遂に9月や!

9月には二枚のアルバムを発表する。

9月7日 発売 BLACK BULLET
9月12日 発売 Ya Ju


スタジオワークとしてレコーディングに参加したアルバムなら、ひと月に何枚もあるんやけど、自分のユニットのアルバムは本当、久しぶりやわ。

どちらも思い入れの有る力作!


本日は『Ya Ju』のレコ発ライブなので、『Ya Ju』のアルバムの事を紹介します。

『Ya Ju』 は、皇甫純圭(こーほ じゅんけい)さんの歌を全面フィーチャーしたボーカルアルバムで、俺はアレンジを担当してます。

俺自分がフロントのユニットではないが、皇甫さんの歌のバックアップに全てを注ぎ、心を込めた、上質のボーカルアルバムです。

そもそも皇甫さんは、ゴスペルのクワイヤー(Spiritual Voices)をずっとやってきはったので、ソロのシンガーとしての実力をあまり知られてないかも知れないけど、実はソロシンガーとしても関西屈指の実力者!

エタ・ジェームス系ソウルシンガーとしてはダントツやと思います。

今回のアルバムはデュオではなく、バンドサウンドやけど、小林健治のビート職人ドラムが光ってます。

俺はベースも担当してます! (
3曲は巨匠、山田晴三が入魂のプレイ。)

今回はかなりベースで頑張ってます! 


皇甫さんオリジナル曲を引っさげて
渾身の一枚です!
是非聴いてや〜!


2012.07.24


《押忍!》


滅茶苦茶忙しい毎日を送ってたら  
気付いたら真夏になってるやん。

いつの間にそんな事になったん?

こりゃいかんと、慌てて日記を書いてる始末や!
このペースやと日記じゃなくて『四季記』やな(;_;)


春頃からずっと色んなレコーディングばかりが続いていて、すっかりスタジオミュージシャンしてるわ、ホンマ! 家に帰ったらレコーディング用に依頼された編曲(アレンジ)の譜面を書き、次の日またスタジオに行ってレコーディングして、また編曲に追われる!
鼬ごっこやわ。


その合間にライブしたり、ツアーに出たりで、ドタバタしとりますわ。
一体いつ、肝心のボクシングと空手をやるんや〜!
と、嘆きながらも、何とかそれも必死で両方とも休まず頑張ってます(*_*)

とは言え、仕事としてのスタジオワークだけではなく、自分のかかわっているユニットのレコーディングもやり終えました。


まず一年がかりの超スローペースで進めていた、皇甫純圭さんのヴォーカルフィーチャリングアルバム『YaJu』は9曲入りのフルアルバムとして完成しました。

元々、今までライブではデュオで全曲やってたんやけど、本アルバムでは、デュオでなく、バンド形態の仕上がりになりました!

皇甫さんの歌ホンマええですよ!
関西で一番ええシンガーの一人やと俺は思います!

オリジナル曲も凄くいいですよ。
自分的には、ベーシストしての俺のプレイを聴いて貰いたいですねぇ!


そしてそれとは対照的に、たった3日間のみで8曲仕上がった無計画速攻!、出たとこ勝負なのが、俺の東京で活動している
Black Bullet
という只今、旬のFUNK BANDですわ!

まぁ勢いだけは誰にも負けない
ギター弾きまくり、ベース叩きまくり、ドラム蹴りまくり、ハープ拭きまくり、歌ケツまくり、の、<江川ほーじん、五十嵐公太、西村ヒロ、西野やすし>からなる

『四人組の悪党楽団(?)』

こっちもオリジナル曲中心の仕上がりで、9月7日発売です。

関東:9月7、24、25日
関西:9月28、29、30日

とCD発売記念ライブやるですよ!(スケジュール欄参照)


ま、この二つのユニットのレコーディングをやっと無事終え、今は「いちご白書をもう一度」「さちこ」などの大ヒット曲でお馴染みの、ばんばひろふみさんのレコーディングと編曲を頑張ってます!

仕上がりは10月だとか(^○^)


その他、ナンジャカンジャと
秋くらいまではこんな調子の超ドタバタですわ〜(@_@)


気付いたら冬で寒かったりして!



<P.S.>

桑名正博 奇跡の回復を祈念してやみません。


2012.05.16 


《押忍!》


二十年間 一緒に暮らした老猫の利一が3月に亡くなって、すっかり落ち込んでいたんやけど、このままでは精神衛生上ヤバイと思い、ヤケクソで『子犬と 子猫と 小鳥』を同時に飼う事にしました!


子犬は生後2ヶ月半のポメラニアン。
名前は<月>


子猫は生後1ヶ月半の震災孤児の福島県の捨て猫。
名前は<福>


小鳥は半年前からいるインコ。
名前は<空>


まだ赤ちゃんで、毎日一日中 世話で追われとります!

早朝から頑張って起きて世話をしとります!
家中、運動会しよるからグチャグチャですわ(;_;)

もう、正に『動物園状態』と言うか『戦場』です。
まぁ、メッチャメチャメチャ可愛いけどな!


去年から録音し始めたソウルシンガーの皇甫純圭さんとのユニット『YaJu』のフルアルバムが、やっとレコーディング最終段階に入って来ました。
夏までには何とか皆様のお手元に届けられると思います!

宜しくです!



    
 

月
 

福
 



2012.02.27 


《押忍!》


年が明けて、何となく覇気の無い毎日を送っていますが、3月からまたライブやるので元気に頑張ります。


ここ最近は老猫の介護で日々を過ごしてます。

前にも書いたけど、ウチのリーチ(猫の名前)は 20歳(人間だと100歳)やけど、まだまだ気持ちは青春したはります(^-^)

もう歩けないし、毎日点滴生活やし、自分でトイレも無理ですが、目は若い時のまんまの覇気が漲ってます。

見習わなね!

リーチはインコの空チャンに毎日攻められて(なつかれて)、少し困ってはりますが、優しくインコを守っています。

なかなか『猫が出来て』はりますわホンマ!

本来なら猫にとっては『食べ物』のハズの鳥を可愛がってくれていて、偉い奴ですわ!


写真(1)は、版画家のミナコ カワウチが俺のHPに以前掲載した『リーチ&空チャン』の写真を見て、版画に描いてくれた作品です。

※2011年10月13日の日記です。

写真(2)は、部屋に飾ってある版画の前で、仲良くキスシーンです。
因みにミナコ カワウチは俺の妹です。


さて、そろそろ重い腰を上げて、音楽するかな(^_-)-☆



    
  (1)

201202271
  (2)

201202272
 





※ミナコ カワウチ

1964年京都市生まれ。
京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)造形芸術学科卒業後、西陣織の帯の図案の描き手を経て、版画に取り組む。
雑誌の挿絵、CDジャケット、カレンダーなどを手掛けるほか、全国で個展を多数開催。
現在、朝日新聞・朝刊(京都版)の京都短歌・俳句・川柳欄の挿絵を連載中。
著書に「京の花ごよみ」「京・月・花」(青幻舎)。



  

2012.02.02 


《押忍!》


毎日寒いのぉ〜!

つい最近正月やった気がしてたんやが、もう節分かいな。
ホンマに早いな。


1月までセッションやった『江川ほーじん ブルースユニット』が、正式にパーマネントなバンドに出世しました。

バンド名もついて、

BLACK BULLET』 

だそうです。

意味は他のメンバーに聞いて下さい。(知りまへんねん、すんません)
メンバー同士でかなり色んなカッコイイバンド名の案が出て論議されたようですが、最終的にコレに決まった模様です。

俺の案的には『THE 丹下左膳』を提案したんですが、全く相手にされませんでした!
俺の案に決まらなくて、本当に良かったとホッとしとりまんにゃわ(^_-)-☆


BLACK BULLET 

江川ほーじん(B)
五十嵐公太(Ds)
西村ヒロ(Harp,Vo)
西野やすし(G,Vo)


また3月からLIVEやります。
宜しくです。


2012.01.13 


《押忍!》


明けましておめでとう。

と言っても気付けば1月半ばになってしもたけどな。
何か年始からバタバタと時間が経過したわ。

東京でのライブも終えました。
去年からやってる『江川ほーじん ブルースユニット』が単なるセッションからバンド化してきて、かなり『旬』な感じです。
ドラムの五十嵐公太(JUDY AND MARY)が凄く、ええ感じです。
基本的にはボーカルとハープの西村ヒロのフロントバンドですが、リズム天国なグルーヴィユニットです。


昨日、江川ほーじんに誘われて高尾のカレー屋さんに行きましたが、ハッキリ言って江川ほーじんは『辛さのブラックホール』です。

俺も今まで辛いカレーに関しては関西チャンピオンくらいの気でいましたが、なんのなんの日本は広い! 
東京には江川ほーじんという、辛さチャンピオンがおりましたわ!

たまたまその日から、そのカレー屋さんは『辛さコンテスト』みたいな企画をやってはって、辛さの上位の人は店に写真が飾られるという、我々カレーオタクの生き物には大変に名誉ある事!

俺は初めて行った店なので、辛さの度合いがわからんからという理由で、俺の分まで江川ほーじんが注文してくれたんやけど、これがなんと『辛さ100倍カレー』!

その店のメニューで最高が3倍やというのに、いきなり100倍にチャレンジ(*_*)
今までで最高の記録が、85倍。

誰がそんなもん食うんや?と思ったら、それも江川ほーじん(@_@)

ちなみに100倍とは、一杯のカレーに生の唐辛子50グラムが入ってるそうです。

さて、いざ食ってみたら、な、な、なんと、これが抜群に美味い!
けど強烈に辛い!
でも辛さより美味さが勝ってるねん!

かなり汗かいたけどナンの追加を頼む程バッチリ美味しかった!
(次の日少しお尻の穴がヒリヒリしたけどね)

ちなみに江川ほーじんは汗一つかかずに「辛くないですね」と涼しい顔(゜o゜)
奴はオカシイ、絶対!
味覚が狂ってる!

しかしそのカレー屋さん、ホンマに美味しいので、是非一度ご賞味あれ!
くれぐれも辛さは3倍までに!
『SPICE MAHAL』042-854-6170
です。


という2012年。辛い幕開けでした。

今年も宜しく。


※「SPICE MAHAL」の地図はぐるなび等をご参照ください。




20120113



Copyright (c) SINCE 2007 ■YASUSHI NISHINO OFFICIAL WEB SITE■ All Rights Reserved.