2008.12.24


《押忍!》


年末やなぁ。

師走はなぜ忙しいんやろなぁ?

何故か毎年暮れになるとこの時期追われた気分でバタバタしてしまうなぁ。

日本中が慌ただしいのは なんでやろう?
別に他の月と変わらない毎日やのに12月だけは焦るなぁ!

でもどうせ気がついたら正月になっていて、気がついたら、三が日も終わり松の内も終わり「車にシメカザリ外し忘れてるのん俺だけや」ってなってて、気がついたら節分で、気がついたら桜の花見じゃ、誰かの入学祝いじゃ、気がついたらくそ暑い祇園祭りじゃ、気がついたら盆で大文字じゃ、気がついたら肌寒い紅葉もちってまた来年の師走になってるで〜!

要するに 一年なんかアッという間に 過ぎるって事やな!
で、過ぎたかと思ったらまたすぐ次の一年が過ぎて気がつけばまた師走や!!

まぁそんな文学的かつ天文学的な訳わからん気分で毎日毎日ライブを走っております(-_☆)


今月の東京ライブ週間も終わり、あまりのお客さんの少なさに、今後を考え直さなければいけない事態におちいっております。

破産寸前の東京ライブ生活で 今年も一年が終わりました!
しかし東京でのバンド(Going to get)は かなりの自信作バンドで、かなりの内容の高さを実感しています!!

須川光という宇宙人オルガン奏者が入った事で、強烈な『ハイテンション化学反応バンド』になり毎回エゲツナイ演奏しております!


大阪に帰ってきていきなり世界的ファンクベーシストとの『ポールジャクソン・トリオ』で緊張感と和み感の協和したノンビリした楽しい(オカシイ)ライブを終わって、その後たてつづけに3日間バーべQ和佐田主催のイベントで神戸・京都・大阪・と関西三都市を回り、もうコテコテ関西人の居心地良さに身も心もスキだらけの、ユルユルで3日間過ごしました!(笑)


今年も後一週間で来年になるなぁ。

後は大晦日(正確には元旦の午前二時)のRAGでの俺のライブで俺の2008年は終わりやわ!
今年は 東京で新しい仲間も出来て沢山のライブも出来て意義の有る一年でした。

ただ、大事な仲間が 次々と亡くなる悲しい年でもありました。

特に 塩次伸二の死は 来年以降も尾を引きそうな予想もしない大事件でした!
どうぞ来年は大事な仲間の悲しい訃報がありませんように!!

それでは皆様 良いお年を!
大晦日にRAGで会いましょう!


2008.12.01


《押忍!》


《高円寺見聞録》

東京都杉並区高円寺界隈に出没するようになって三ヶ月くらい経ちこの街にもすっかり慣れた感じやね。

中央線沿線はええ感じなディープな町並みが多くて好きなんやけど、やはり高円寺の街が一番好きです。

俺ん家は中央線の高円寺と丸ノ内線の新高円寺の中間くらいの場所なんやけど、なんともオモロイ街やわ!
商店街が早稲田通りから純情商店街→パル商店街→ルック商店街(ネーミングは如何なモンかなと思いますが) と青梅街道まで数キロ繋がっていて、24時間何処かお店が開いている不思議な街です。


まず老舗の『次郎吉』はじめライブハウスが沢山有り、深夜でも楽器を持ってウロウロしている人が多いアンダーグランド音楽のメッカやな!(過大評価かな)

古着屋が多いのにも驚いたねぇ。
何でも古着屋発祥の地らしいで!
深夜三時頃でもリサイクル屋さんや洋服屋さんが開いてるねん。


それからラーメン屋さんが、おびただしい数並んでるわ。

高円寺ラーメンは有名らしいんやけど結局俺は京都人やからどうしても駅南口に有る『天下一品』に深夜二時過ぎに行ってしまうねん。

銭湯も深夜二時までやってるし、服の仕立屋まで終夜営業してる。
安くて美味い寿司屋も朝までやってるし、スーパーも24時間開いてるし(ビックリするくらい何でも安い)!

しかし俺が高円寺に住む決心をした一番大きなポイントはインドカレー屋さんが多い事やねん!

沢山あり過ぎてまだ全制覇できてないねんけど、美味い店も沢山あるわ(^-^)
まぁチェーン店の『COCO壱番カレー』も深夜やってるけど、やっぱりカレーはインド人が作らないとなぁ(>_<)

風俗営業のエッチ店が少ないせいかヤクザ屋さんも殆ど見かけないなぁ!(少し寂しいなぁ)

それから忘れてはならないのが、『高円寺』というお寺が ちゃんと有る事やな!
戦災で大部分焼けたらしいけど再建して立派なお寺さんになってるわ!      


ミュージシャンが沢山暮らしているこの街はさながら『バンドマン銀座』やわ!

いつも目が覚めると新高円寺街道の『七つ森』という宮沢賢治にちなんだアンティックな喫茶店で珈琲とトーストで一日が始まる俺の高円寺ライフのreportでした!

この街、かなり気に入りました!


2008.11.28


《押忍!》


東京で一週間毎日ライブして京都に帰ってきました。

東京へ行く前日も京都でライブしてたのでライブ8連チャンでした。
さすがにギター弾き過ぎて指先に血が通わないくらいの状態でしたが、楽しいライブばかりでした!

毎日違うメンバーとやると緊張感が持続するね!

いつも出演している横浜のストーミーマンディ、木更津のミックや西荻窪のクラップ・クラップに加え今回は学芸大のメイプルハウスや、赤坂のジャカズなど、なんとも居心地の良いお店に初出場してきました!

ミックは相変わらずマスターやママさん達の人情味に溢れていて最高で、ストーミーマンディは大好きなオーナーのKさんのキャラクターで我々はハッピー気分になり、今やホームグラウンド気分です。
クラップは近所の美味しいカレー屋も堪能出来て、これまた満足、これからもずっ〜と出続けたい愛すべきライブハウス達やね!


しかしここんとこの最大の悩みは集客です。

最近は日本中のライブハウスでの客入りが最悪だそうで、泣きそうです。
残念ながら日本中で『音楽』が下火で、今だかつてない程の日本人の音楽離れを感じます!ライブミュージシャンの我々には致命的な打撃です(>_<)

とにかく、「お客さ〜ん ライブに来て下さ〜い!」に尽きますね!


さてそこで、極秘情報です。

ライブスケジュールには載せてませんが、12月10日 京都・北山のMOJO WESTで『天西blues line』やります♪ 

貸し切りのパーティがあるらしいんやけど、その中のLIVE TIMEに『天西blues line』で出演し、一時間ライブやります。
今回に限り早いモン勝ちで10人程度一般客もチャージ1000円で入れるらしいです。

お店では予約は受付けないから、早いモン勝ちで当日行くしかないらしいです。
『天西blues line』は最近めったにやらないので、よかったら覗いて下さいませ!


それでは皆様、風邪・インフルエンザに注意してや〜!


2008.11.10


《押忍!》


週末、新潟へライブに行きました。とにかく寒かった!

その数日前まで一週間沖縄にいたので、温度差に体が対応出来てなくて参ってます。

なんせ11月やというのに沖縄は30℃を軽く越えていて、普通に海で泳げる真夏状態。
それに比べて新潟は霜がおりてる真冬状態。
15℃くらいの温度差に震えているやすし君であります(苦笑)。

しかし 同じ日本なのに気温も気質も全く違うから日本も広いなぁとつくづく感じます!


今回沖縄はライブ二本を那覇でやった後、宮古島まで飛行機を乗り継いで渡り、ライブしてきましたねん!
ともかく時間がゆ〜っくり流れていて心もユルユルな島で、そこに昔大阪にいた仲間がいて、今回は宮古島でのライブを彼がブッキングしてくれましたねん。

飛行機の上からでも海の底が見える透明で綺麗な珊瑚礁のアイランドやのに、俺には全く似合ってなかったなぁ(笑)。


来週はまた一週間、東京・横浜・千葉でライブ。
今月は全く関西にはいない日々やなぁ!

一ヶ月に15本ライブやってるから二日に一回ライブしてる感じやわ!
ライブはヘッチャラやけど移動に疲れてる感じです。


しかし日本中何処へ言っても言われるのが、「塩次さん大変でしたね」って言葉やわ! あの人の影響力を日本中で感じる今日この頃です。

7日は京都の都雅都雅で「塩次伸二追悼ライブ」に出てたんやけど、音楽界にとってあの人の亡くなったショックはボビー原さんが亡くなった時以来の影響力やわ!

山本マーサン、渡辺大之伸、Music Cafe SOENのマスター森野兄、リリアンズブギーの大石、と去年暮れからたて続きに起こる訃報に関西音楽界はふさぎ込んで元気がなかったんやけど
『まぁこの人がいるから 何があっても大丈夫』と、皆の支えになってたのが塩次伸チャンやったから、もういよいよフヌケ状態やなぁ!

これは音楽界が自然治癒するのには相当時間がかかるなぁ!
俺自身もやはり、あの日以来毎日、伸チャンの事を考えない日は無いもんなぁ(涙)!


先日RAGで塩次伸二を偲んで、彼のフィルムを流して彼を語る会があったんやけど、ちょうど俺と伸チャンが出てるテレビの番組をやっていて、見てたら何か感無量やったなぁ!


う〜ん、さて、俺も含めたエブリバディの皆さん、そろそろ塩次伸二没・ショックから立ち直るキザシを少しずつ持ちませう!!


て、言うても無理やな。

それではまた!


2008.11.04


《押忍!》


相変わらず関東→関西を行き来する日々を送っておりますが、その移動にも慣れてきた今日この頃です。

東京でライブしていると京都・大阪で過去に知り合いだった人がいろいろ訪ねてきてくれて、嬉しいです。

しかしこんなにも沢山の関西人が東京に出て来てるんやなぁ、とつくづく実感するわ!

昔の弟子や、昔のバンド仲間がライブに訪ねてきてくれる度に日本の経済はやはり東京なんやなぁと思うわ。



ところで東京で原チャリを貰ってウロウロしてるんやけど、何が困ったといって『二段階右折!』という道路交通法に困りはててまんねん。

俺は京都では250tのスクーターに乗ってるんやけど(昔は750tでブイブイいわしとったんやで-_-#)、原付に乗るのは35年ぶりくらいやねん。
昔は二段階右折てな道交法は存在しなかったから、二段階右折のやり方がマジでわからんねん(>_<)

右に曲がろうとしたら一旦直進して信号を渡って何処で停まって待ってたらええのん?

横断歩道の上では車も来るし、人も来るし、かといって歩道へ上げたら通行の邪魔になるやろうし(>_<)


ホンマにわからんわ!


で、仕方なく俺があみ出した技は、右に曲がりたい「Α交差点」を直進して次の細い道を左に曲がり、その次の道をまた左に曲がり、更にその次の道をまたまた左に曲がると元の「Α交差点」を右折したのと同じ結果になるねん(^-^)

これが俺が関東の『二段階右折!』に対抗して、あみ出した必殺関西流『三段階左折!』なり!!


どうや、素晴らしいやろ(笑)


ところが、問題が勃発したんよ!

京都人の感覚で道というモノは縦と横が碁盤の目になってるのが正義を信じとるんやけどな、ところが東京の道は根性が曲がっとるんか道が曲がっとるんか知らんけど、三回左折してみたら全然知らんトコに出たりするねん!

そしたら結局元の「Α交差点」を探してグルグル回って何回も右左折を繰り返してやっと元に戻ったら、まだ「Α交差点」の右折前の状態やったりして、またやり直ししたりして、えらい時間の浪費をしたりしてるねん(苦笑)


あの二段階右折っちゅう法律はイカンなぁ!

我々カタギの衆をバカにしとるな、あれは!



という『三段階左折』の涙と感動のドキュメントでした!


2008.10.28


《押忍!》


塩次伸二という偉大なブルースギターリストを亡くした日本のブルースは何処へ行くんやろう?

彼こそが日本を代表するブルースギターリストであって、それに比べたら俺なんてホンマに『カス』みたいなモンや!!


俺が高校生の頃、彼は大学生でブルースをやっていた。

九州は福岡生まれの彼は当時京都の某大学に席を置き、「ウェストロードブルースバンド」という日本一カッコエエバンドを率いてガンガンブルースギターを唸らせていた!

当時ウェストロードの相方ギターだった『今を時めく世界的スーパーギターリスト』山岸閏史でさえ彼のサイドギターに過ぎなかった!

彼は間違いなく日本を席巻した。
当時から(70年代初頭)彼はすでに上手すぎた!
もう憎たらしいくらい上手く、嫌味なくらい良い音を響かせた!


ウェストロードを脱退した後の彼は「ダウンホーマーズ」→「シーチャンブラザース」と関西の歴史に残るバンドを転々として、80年代に関東へ住居を移した。

東京で日本でのブルースギターマスターの地位を不動のモノにし、また再び90年代後半に京都に戻りバリバリ活動を押し進めた。

2000年代にはソロ活動に益々磨きがかかりソロアルバムも最近発表した。 

そして一番脂のノった2008年10月19日午前12時過ぎに 心不全でこの世を去って逝った。



あまりに急な出来事に誰もが耳を疑った。

京都のライブハウス MOJO WESTで行われた『塩次伸二 お別れ会』にはなんと500人の弔問客が献花に訪れた!

なんと多くの人々に愛されている事か!  



昔から親分肌の彼は 沢山の後輩や若者を育てた。

面倒見がよく、説教上手で後輩や弟子達にいつも大きな声で怒っていたのを思い出す。

でもいつでも優しかった。

何故か俺は一度も彼に怒られた事は無かった。

最近になって本人に
「他のヤツらには怒るのに何故俺には怒らへんかったんや?」と尋ねたら
「西ヤンは喧嘩が強かったからや」
と訳のわからん返事が返ってきた!



ここ数年よく 深夜に電話で呼び出され二人で喫茶店に『あんみつ』を食べに行った。(今回載せた写真は前にも一度掲載した写真やけどもう一度観て!特に表情を観て!)

彼は無類の強烈な『甘党』やった!

お互いに下戸なのでよくイチゴ大福やアンコロ餅など和モノの甘モノを食わされた。
しかも食通(食い道楽)で エゲツナイ美食家やった。

それから 何でもコリ性やった。
将棋、なぞなぞ、エフェクター、ギターコレクション、レコード(CD)、パチンコ、そしてブルース、何でも徹底して研究を重ねてウンチクを並べた!

楽しい事が好きやった。

人と話をするのが好きやった。

ホンマに優しかった!

そして人間味にあふれてた!頑固でヘンコ(※注)やった! いつも笑ってた!・・・・


想いでは尽きない。

彼とテレビの番組を撮った事があったけど その時はホンマに楽しかった。  



それにしてもエエギター弾きやった!

それにしてもエエ人間やった!


それにしても、それにしても

『伸チャン なんで死んだんじゃアホッ〜!!!(涙)』


合掌〜!







■「塩次伸二さん お別れ会のご報告」が塩次伸二さんのサイトに掲載されています。


※注:関西弁。「へんくつ(偏屈)」「かたくな」「片意地」に加えて「変な人」の意味も含む。ヘンチキ。ヘンチキチン。ヘンコ。(牧村史陽編「大阪ことば事典」を参照しました。)


2008.10.18


《訃報》

昨夜18日夜に日本を代表する偉大なブルースギターマスターの塩次伸二さんが 急死されました。


こんな悲しい事はありません。

俺も伸チャンには大変お世話になっており、感謝の気持ちでいっぱいです。

今は言葉も有りません。


信じられませんがご冥福をお祈りするばかりです。

合掌


2008.09.29


押忍!


めっきり秋やねぇ。

東京で一週間ライブをしてる間に阪神vs巨人の首位攻防戦3連戦があり、東京では阪神ファンの俺のほうがアウェイでした。

当たり前の事やけど東京では巨人ファンが圧倒的多数で『我が国・関西』では考えられないくらいアウェイな一週間でした!
 

俺のレコーディングの合間に携帯用のテレビで観てたんやけど、俺が観る度に打たれて同点にされたり、逆転されたりするので

『俺が観たら負ける』

と思い、テレビを消しました。


しかし結果は最悪の3連敗(>_<)
同率首位に並ばれてしもたがな(/_;)
二位巨人と13試合も開いてたのに(+_+)

まぁこれが阪神のオモロイとこやな(笑)!

巨人戦の後引き分け挟んで一勝して単独首位になったり、また並ばれたり・・・ここから俺もまた頑張るわ!(何をや?)


それはおいといて。
東京はライブハウスの雰囲気が何処もアットホームで優しいねぇ!
何処もマスターが親切でベリーグッドやわ!

高円寺の街や生活にもだいぶ慣れたから居心地いいわ!と、思いつつ関西に帰ってその足で最初に行ったのが大阪新世界の通天閣!

只今新曲『フォーエバー係長!』で人気沸騰の「大西ユカリと新世界」が、俺をゲストで呼んでくれたので、通天閣に直行到着。
じゃんじゃん横丁辺りをウロウロしてたんやけど、やっぱり俺には『こっちの国』の方が合ってるな、ヤッパリ(^-^)

この街は何故か温かくて心が休まるわ!って感じたなぁ〜!
しかしディープやわ、あの辺の雰囲気は(-_☆)  

この日は一日で、朝から東京タワー、昼から通天閣、夜には京都タワーと三つのタワーを見たわ!


さて、関西⇔関東行き来の音楽一人旅・参勤交代、頑張りまっさ〜!


2008.09.24


押忍!


先日京都の拾得に13年ぶりに出ました。

昔は拾得に毎月出させて貰っていてホームグランド的に活動しており、『やすし&はるぞう』名義でのライブアルバム『また騒ごけ!』のCDを発表しました。

本当に素晴らしいお店で、日本の元祖ライブハウス(発祥)の歴史的風格を漂わせています。

酒蔵を改造した独特の建物は中に入った人を包み込んでしまいます。

演奏も拾得でしか出せない独特の世界になります。

中国の寒山さんと拾得さん(※注)の仲の良い二人の絵が壁に飾られており、そこから拾得と名付けられたそうです。

ところが、ひょんな事から拾得に出る機会を無くしてしまい、いつかまた出たいなぁと思ってたら、友達の後藤ゆうぞう君が拾得での自分のライブのゲストに呼んでくれて、おかげさまで念願の拾得カムバックを13年ぶりにはたせました!

ゆうぞう君に感謝です。

ゆうぞう君の心のこもった日本語オリジナル曲が大変心地よい素敵なライブでした!

拾得また出たいわぁ〜!

いつも優しい拾得のお店とオーナーのTさんに感謝です!


ここ最近、俺にはとても嬉しい大きな出来事でした!


※注:中国唐代中期の二人の高僧。
二人とも奇行が多く、詩人としても有名だが、その実在すら疑われることもある。
拾得は天台山国清寺こくせいじの食事係をしていたが、近くの寒巌かんがんに隠れ住み乞食こじきのような格好をした寒山と仲がよく、寺の残飯をとっておいては寒山に持たせてやったという。
また、この二人は文殊菩薩もんじゅぼさつ、普賢ふげん菩薩の生まれ変わりといわれる。画題としてもよく用いられる。 (goo辞書より)



2008.09.08


押忍!


しかし福田首相は一体どないなっとんねん(●`ε´●) て言うか自民党は何やねん!
ころころ親分を変えやがって!

どうも最近の政治家には人物的にオーラというか迫力に欠けるなぁ。


政治的手腕は置いといて、やっぱ小泉さんはキャラが立ってたなぁ!
田中角栄さんは悪い事もしはったけど良い事も沢山しはったし、キャラが立ってたよな!
小渕さんも「いい人」キャラが立ってたなぁ。
安倍・福田とリレーして次はどないするんやろ?
麻生さんはどうも苦手やなぁ。
石原さん試してみたいけどなぁ?
野党も迫力あるオーラのあるキャラがおらんもんなぁ。

誰かツレがなってくれたら俺は助かるんやけどなぁ(^-^)

例えばナニワエキスプレスの清水興みたいな頭が良くて知識が百科事典で、しかも義理人情がわかっていて、決断力とリーダーシップが抜群な奴が日本の大統領になったらええねん!

総理大臣制よりアメリカみたいに大統領制やと国民が選べるからええと思うなぁ!


とにかくガソリンの値段を下げてくれ〜っ〜ちゅうねん!
参るわ!(ちょっと下がったけどな)


しゃあない、俺が出馬しよか(*⌒▽⌒*)
これでも小学校の時に美化委員やった事あるんやで!
給食当番でミルク係りもやった経験があるんやで!
給食のお金を家から盗んだ経験もあるけど、これは役にたたんな(>_<)


ほなまぁ皆さん共に今後の政局と、阪神タイガースの優勝を見守りましょう!


2008.09.03


<<訃報>>


残念ながらまたもや訃報です。

京都府宇治市のライブバー、リリアンズブギーのマスター 大石正己さんが他界されました。肝不全だそうです。

彼とは高校時代からの仲間で、俺は彼からギターというカテゴリーについて多くを学びました。

とにかく理屈っぽくて、口が悪い『ヘンコオヤジ』でしたが、その心根の優しさが伝わり、皆に愛され続けてきました。

リリアンのお店(自宅)にご遺体が帰って来られたのち、本人の意志もあり、お通夜をライブ形式でやったんですが、35年来の長年の付き合いの仲間が亡くなったというより、一人の名物ご意見番オヤジがいなくなってしまった悲しみが体に走りました!

生前から彼は名字の大石から取って『オッチャン』と呼ばれていました。


ボビー原さん・エディ金井さん・青木智仁 さん・コウタロウさん・山本マーサン・渡辺大之伸さん・ソウエンの森野お兄さん・越智順子さん・村上ゆみこさん・に続き また俺の大好きな奴とのお別れでした!


『大石のオッチャン元気で!有り難う!』

押忍! 合掌。


2008.08.19 


押忍!


残暑お見舞い申し上げます。

あまりの暑さに毎日水分ばかりとって裸で寝ていたら夏バテぎみになりつつある今日この頃です。


先日お盆にRAGでブルースライブをやりました。
ギター四人(西野やすし、塩次伸二、田中晴之、山下ブーケン・) 、ドラム・小林健治、ベース・山田晴三というメンバーでしたが、見事に個性の違うギターが揃ってメッチャ楽しかったです!

言わずと知れた日本のブルースギターマスターの伸チャンとのギターデュオも最高に気持ち良かったし、マイフェバリットギターリストの晴チャンのプレイは爽快やったし、ブーケンさんはもうお馴染みの爆音ジェト機ギターでドッカーンと最高!

皆やっぱり日本を代表する素晴らしいブルースギターリスト達やったわ!
ホンマに素晴らしいわ皆!
それから飛び入りで今俺が東京でお付き合いさせて貰っているギターリストのTsuyoshi・Oさんが入ってくれて、これがまたジミヘンばりのメッチャカッコエエギターを弾いてくれました!

もうホンマにギター三昧のお盆のRAGでした。

今年もライブ前に御池大橋から大文字の送り火を見ました!
わびしい光の音色やね!


さて、私事ではありますが 東京の高円寺に部屋を借りました。
最近東京でのライブ活動が多いので思い切ってみました!
高円寺の街は独特で、昔から面白くて好きやったので決めました。
あの街を探索するのが楽しみやわ!
勿論関西人の誇りは今まで以上に 持って関東を関西化してみせまする(-_☆)

とは言っても格闘技の事も有るから、京都と半々の生活ペース予定です。
まぁ移動が大変やけど しゃあないわ!


ほんじゃ皆さん、夏バテに気をつけてな〜!!


2008.08.04


押忍!


しかし毎日暑いなぁ(>_<)

オマケに京都独特の湿気にうんざりやなぁ(/_;)

まぁでも そんな事言うてても 夏は暑いもんやし、しゃあないな!
諦めて風鈴の音でも聞こうっと。

何故か日本人は風鈴の音を聞くと涼しげに感じるよなぁ。
情緒あるよなぁ。
要するに日本人は『気のせい』を生活に持ち込む達人なんやな。


さて、先日は三日間イベントに参加して、京都・神戸・大阪とまわってきました。
爆風スランプのバーべQ和佐田がプロデュースしたこのイベントは最高に楽しかったねぇ。

俺の古い仲間で三井雅弘という芸人(歌もたまに唄う(*_*))がいて、今回彼がバーべQ和佐田と『関西魂』という訳のわからんバンドで出ていて、これが やっぱ最高やったわ!
まぁ完全に三井演芸ショーなんやけど俺は大好きやなぁ!

しかし三日間いろんなプレイヤーを観たわ。
ギターリストもスゲエうまい人がいはったわ!
俺なんか全然アカンなぁと痛感した三日間でした。

「イノシュー」というアコギとドラムのデュオが出てたんやけど、このギターボーカルのshuという奴が俺の30年以上の大親友です。
彼は今現在『研ナオコ』の曲を書いてヒットさせている吟遊詩人です!
俺とは兄弟仁義の間柄です!
アイツは昔々に俺と同じアパートの隣の部屋に住んでいて、カセットコンロを爆発させた事があるねん(+_+)
そりゃあ凄かったでぇ〜!
あれから30余年。

・・・・・ てな具合に関東&関西 のオールスターで繰り広げた、楽しい三日間でした!
それではまたね!

6日から関東エリア攻めてきま〜す!


2008.07.09


押忍!


毎日暑いなぁ!
特に京都は湿気が強烈でたまらんなぁ。
数日前東京から帰ってきたらよけいに湿気が気になったけど、もう慣れたわ。

新潟→横浜→東京と移動したんやけど、何故か今回は新潟では停電。横浜では電源落ち。と、普段あまりない電気関係のトラブルにミマワレましたが、新たな出会いも沢山あり、実り多い旅でした!

新潟と横浜は全く初顔合わせのメンバーでしたが良い人ばかりで楽しくやれました。
特に横浜でのメンバーは凄腕揃いでした!
東京は親しい仲間とのセッションで気楽に楽しめました。

特にダウンタウンブギウギバンドの ベースの『あらいたけし』さんは最高です!
あの人柄がにじみ出るようなステージングと、長〜いMC(俺も負ける)はホンマ最高です。
勿論ベースも歌もご機嫌です。俺は個人的に大ファンです!!


今回はライブ予定が終わって帰りの日に格闘技の殿堂、後楽園ホールでプロボクシングのA級ボクサートーナメントがあり、我SFマキボクシングジムのエース日本ランキング一位の堀川謙一選手が出場したので応援に駆けつけました。

試合結果は勿論堀川選手の勝利でしたが、バッティング(頭と頭がぶつかり頭突き状態になる反則の事)で額をザックリ切られてしまい、相当の出血で大変でした。
しかも対戦相手は元世界ランキング五位、ノンタイトル戦で世界チャンピオンを倒しているM選手。実は昔俺がボクシングを始めた頃にお世話になったボクサーで、複雑な心理で試合を見届けていました。

自分の知り合い同士の血だらけの戦いは観ていてキツいモノがありますねぇ! 出来れば観たくない戦いです。
しかしこれであと一勝すれば堀川選手はチャンピオンに挑戦出来ます。
次は強敵ですが、必ず倒してくれると信じています!彼がチャンピオンになる事が我々の夢です!


さて、次は祇園祭りのRAGのライブに向けて頑張ります。
ベテラン大御所の歌姫達がぞくぞくと登場します。
楽器はバンドではなく、俺のギター一本という新たな挑戦です!五人の歌姫とデュオ状態で順番にやらせて貰います。
初めての試みやから上手く行くか不安ですが、挑戦するに充分価値があるイベントなので楽しみです!

皆で応援に来てや〜!


2008.06.26


押忍!


昨日の夜中に家のサボテン(全長2メートル)に花が咲きました。

サボテンの花は一年間の内たった一日しか咲きません。

しかも深夜に咲いて明け方にはシボんでしまうというなんともロマンチックなストーリーやねん!

ヘタすると知らない間に咲いて〜シボむ事もあるねん。

ところが昨日は「パッカーン」て、直径20センチの花が音をたてて咲く瞬間をたまたま目撃しました!

猫のリイチが何か雰囲気を察知してサボテンの横の窓に座ったので、俺も気づいて写真を撮りました。
暗かったからセピア色になったんやけどこの日記に載せるから観てちょうだい!

真っ白でデッカイ花やねん。
猫の顔よりデカいやろ((o(^-^)o))

てな、ほのぼのニュースでした。





2008.06.18


押忍!


突然暑くなったなぁ。毎日30℃を越えてるもんなぁ。まだ梅雨に入ったばっかりやのになぁ。

しかし最近たてつづけに世間を震撼させるニュースがつづいてますなぁ。
岩手宮城内陸地震や秋葉原通り魔事件など、被害者には何の非もなく突然身に降り懸かる悲惨なモノが続いてやるせない気分です!

地震は俺ら関西人もエゲツナイのを経験してるから人事には思われへん!
しかし地震は天災やし本当にどうしようもないけど、通り魔は許しがたいなぁ(怒)!

俺らも若い頃はかなり無茶したけど今の若者みたいに残虐な奴はおらんかったなぁ。
まず昔は悪い事しそうな奴は悪い事しそうな顔や服装をしてたから分かりやすかったけど(ソリコミやボンタンやマンボなど etc.)、今のガキは(失礼、若者は) 見た目は真面目そうで悪い事をしそうにない奴が平気で躊躇無く人を殺したり弱い者いじめしたりするやろ!わけわからんよなぁ。

ヤクザも昔は一目でソレと分かるカッコしとったけど、最近は普通にジーパンにTシャツで全然区別がつかない。
そんな普通に見える奴が銭湯へ行って服を脱いだらモンモンひいとる(-_☆)みたいな、なんじゃそりゃ!
通り魔もヤクザもポリも皆自己アピールしてくれたら誰も近寄らへんから被害も無い、と思うなぁ!

いつも、ああいう事件(通り魔・強盗・ハイジャック・バスジャック・オヤジ狩り・etc.)が世間様であってニュースで見ると『もし自分がその場にいたら どうしてるやろ?』と考えてしまうねん!

そういえば最近俺の行くジムの人が刃物を持ったコンビニ強盗を逮捕したらしい。道場の女子(Uさん)でも弱い者いじめして暴行してるヤクザをボコボコにして逮捕した奴もおるなぁ!
しかし秋葉原の事件みたいに、こちらが気がついてない時に突然刃物で後ろから刺してこられたら、俺らも難しいなぁ。前からこられたら何とかなるかも知れんと思うけどなぁ!

まぁいずれにせよ 『君子危うきに近寄らず』やな!
でも、近くでもしあんな非道な奴おったらイテマウなぁ(-_☆)   


本当に岩手宮城内陸地震と秋葉原通り魔事件で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。合掌


2008.06.05 


押忍!


東京で面白いCDを見つけました。

品川のアゲインというライブハウスに出たんやけど、このお店のマスター、大変いろんな事にマニアックな方で、お店で昔のSP盤を蓄音機で聴く、というレトロな趣味をお持ちでした。

俺も子供の頃夏休みのラジオ体操は橋の上で蓄音機でやっていたので懐かしさが満開やったわ!



その蓄音機の素晴らしい音色(本当に人間味のある優しい音色♪)のSPコレクションの中から凄いモノを見つけました。

すでにSPからCD復刻化もされているモノですが、「バートン・クレーン」という外人のアルバムで、これがなんと昭和初期に英字新聞の記者として日本に住んでいた外人が昭和六年にレコーディングした、全曲カタコトの日本語で唄ってるギャグ入りコミックアルバムやねん!





昭和初期の戦前の日本にこんな陽気で楽しい外人がこんな素晴らしい曲を、しかもこんなに水準の高い音楽レベルのアルバムを出していたなんて!
いい意味でショックやったわ。

思わずCDを衝動買いして帰ってじっくり聴いたら、ナントまぁホンマに全曲素晴らしい!!久しぶりに音楽にドップリつかってる毎日です。

恐らくエノケンやロッパの影響やと思うんやけどホンマにメッチャ楽しいで!
特に『ニッポンの娘さん』という曲では日本中の娘さんを題材にしてるんやけど、大阪の娘を関西弁でセリフ入りでオチにしていて最高やったわ!

是非皆さんも聴いて欲しい素晴らしいCDです。
問い合わせは『バートン・クレーン作品集』の告知ページ です。

クレイジーキャッツが出てくるずっと前にもうあの感じで、すでに先にやってるオッチャンがいて、それが事もあろうか外人でカタコトの日本語でやってるんやで〜!
もう驚きやわ!

最高の一枚を手にして毎日幸せな時間を過ごしています!


2008.05.22


押忍!


最近専門学校時代の生徒の結婚式に呼ばれる事が続いたんやけど、何か大人になっている生徒達を見ると、自分だけガキのまま何も変わってなくて変な気分やわ。

昔アホな事ばっかりやって毎日ギャーギャー騒いでた奴が、数年経って久しぶりにスーツ姿で社会人の堅い挨拶をしてくると、『浦島太郎』が玉手箱を開けた気分になるわ!髪の毛なんか真っ白になってしまうわ(笑)。
大人の人みたいに「どうも お忙しい中 わざわざ有り難う御座います」とか言いよると驚いてしまって、一粒300メートルの グリコの看板になって走りだしたくなるわ(*_*)

アホ丸だしやった奴やのに歳を聞いたら三十代になってるねん!
そら挨拶ぐらい出来るわなぁ〜!
俺らバンドマンは現実離れした世界に生きてるから昔のガキのまま社会人としては成長してないんやなぁ、きっと!

俺なんか17歳から全く人間的にも音楽的にも進歩してないまんまやもんなぁ〜(苦笑)。
今でも誘われたら万博(※注)でカツアゲとか出来そうやもんなぁ〜(嘘やで、もう無理や!)


先日、俺の地元、京都は伏見の「シルバームーン」でライブしてたら近所なもんで、母親と叔母が観に来てくれた。
その時いつもの様にMCでベラベラ喋ってて、小学校の頃のネタで「あの時、給食のお金盗んだのは俺です」て言うてたら、次の日オカンに「やっぱりあん時の五百円はアンタやったんやな」て45年も前の事怒られたがな(>_<)

オカンも80歳まわってまだそんなん覚えとるねん!

そこからいっぱい思い出して怒りよったわ。

パン盗んだ話やら、バイク盗んだ話やら、ポリしばいた話やら、やくざボコボコにどついた話やら、しまいには近所の家のピンポンダッシュした話まで出てきて、オカンから見たら俺はまだ小・中学生くらいにしか見えてへんのかなぁ(笑)。

そのあといたずらしたチコ(家の犬)に向かってうっかり「コレッやすし!」て叱っとったわ。
『俺は犬かっちゅうねん!』

で、シルバームーンのライブの日は丁度母の日やったもんやから、感謝の気持ちでジョン・レノンの『マザー』をタイトルだけで母の日にピッタリの曲やと思って唄ったんやけど、あの歌は息子を捨てて何処かへ行ってしまった母親に向かって
「お母ちゃん何処行ったんや〜!帰って来てぇ〜なぁ!」
て言う歌やったんやなぁ。(オカンには内緒にしとこ!)


まぁこの歳になったら親は大事にせなアカンな!と痛感した母の日でした。


※注:もちろん1970年に開催された大阪万国博覧会のことです。


2008.05.08 


押忍!


先日三日にRAGでイチロー・バーべQ和佐田・小野秀夫・須川光・を招いてライブしました。

爆音の中、大変楽しい時間を過ごせました!
メンバー同士がお互い初顔合わせという状態やったんやけど、音で会話したら直ぐに打ち解け合えました。

イチロー氏は凄い腕前で素晴らしいギターを聴かせてくれましたが、音楽的な事以上に大変に紳士的で、いい意味で驚きました!若いのに人間が出来てはるなぁと感心しました!

和佐田君は30年来の仲間ですが、一緒にステージに立つのは久々でした。相変わらずのファンキーベースとベタな喋りに嬉しくなりました(笑)。

ドラムの秀夫ヤンと、オルガンの光さんは俺の東京でのユニットのメンバーで勿論、最高のプレイでした!

いゃあ楽しいライブでした。又是非ともやりたいメンツでした!

そうそう、私事ではありますが、この春以降は音楽活動を関東エリアも、どんどん頑張りたいと考えております。
今までセッションしていた、東京のユニットを本格的に自分のメインバンドにして頑張る所存です。

東京のユニットは今まで「ブルース・ファンク・トリオ」という曖昧な名前だったのですが、須川光さんが正式に加盟してくれて四人になり、トリオってのも変な話なので
「西野やすし・Going to get」
とバンド名を改名してやって行く事にしました。

セッションではなく バンドサウンド目指して頑張って行きます。
メンバーは『西野やすし(Vo&G)・小野秀夫(Dr)・須川光(Org&Pf)・楠モックン(B)』という布陣です。
関東の方は是非ライブハウスに足を運んで下さいませませ!

さて、それでは名古屋ムッシュ・京都シルバームーンとまた全力で頑張って来ま〜す!


Copyright (c) SINCE 2007 ■YASUSHI NISHINO OFFICIAL WEB SITE■ All Rights Reserved.