2007.12.26


【訃報】


昨夜(12月25)の夕方に大阪の名プレイヤー・ベーシストの『山本マーサン』が他界されました。
一瞬のウチに連絡がまわり関西の音楽界に衝撃が走りました!

数年前に胃を悪くされ、手術され成功してまた音楽活動に復帰されていたのですが、今度は腸を悪くされた
ようで、二度の連続手術の甲斐もなく昨夜亡くなられたそうです。

彼はとても良い人で優しく思いやりがあり、音楽をこよなく愛した人でした。
俺より少し年上で、昔は「レイジーヒップ」というバンドで活躍してはりました。
その後小林健治(ドラム)とリズム隊を組み、『マーサン&ケンサン』といえば大阪が誇る名コンビでした。
リズム&ブルースからレゲエまで守備範囲は広く、歌モノには欠かせない素晴らしいベーシストでした。俺もよく一緒に仕事をさせて貰いました。

ボビー原さんにつづき関西は又大きな財産をなくしてしまいました!
こんな寂しい事は無いですね。

X'masの夜に関西に走った大変ショックな事件でした。

合掌

2007.12.25


押忍!

35周年記念LIVEの二日目レポートです。 


まずはこの人、小林健治です!
彼のビートにはいつもながら惚れ惚れするわ!『究極のビート職人』ですわホンマに!
力哉君とは見事に正反対のタイプのドラマーですねぇ。どちらも素晴らしいです!

実は今回の二日間のメンバーを考えるのにまずドラマーから考えていきました。この個性の対極的な二人のスーパードラマーに合うメンバーという考え方で吟味すると今回のメンバーになりました!
初日は演奏力を聴いて貰い、二日目は唄を聴いて貰う。という企画はドラマーから逆算した企画でした!
kenさん、日本一カッコエエですわ!あれで酒の量と武勇伝が減ったらもう宇宙一のドラマーなんやけどなぁ(笑)。小林健治・万歳♪


小林エミチャンの今回のトップ賞は久々に聴いた「MISTY BLUE」やったなぁ!なんたる安定感。横綱相撲って感じやったねぇ〜!まわしシメてたもんなぁ(・・・?)>嘘!

エミチャンとは夫婦漫才風MCをいつもやってるが、言うとくけど勿論夫婦でも何でもオマヘン!お間違えなく(笑)!しょっちゅう間違えられるねん!まぁあのMC聞いてたら間違えるかもな、我ながら息がピッタリやもんな(笑)!小林エミ・漫才♪  


KAJAは今回ポリープの手術をして高い声が出にくい中を頑張って唄ってくれました!
出にくい高い声を気合いで絞り出して唄う姿にはジ〜 ンときたわホンマ!
彼とも長い付き合いで、いつもその日の一番良いポジションを探してそこに自分を持ってきてくれるんやけど、今回もまさしくベストポジションで皆を和ませてくれました!KAJA・万歳♪


そして御大、天野SHO。彼は『天西』の俺の相方やけど最近はめったに『天西』としてはLIVEをやらなくなってしまい、今回久々のRAGでした。

天西という『カタマリ』は何か『別の世界の生き物』の感じがします。
西野やすしでも天野SHOでも無い『天西と言う名の、他とは別の生き物』が少年に戻り無邪気に暴れている感じがします!
先日のLIVEのように入れ替わり立ち替わりフロントが変わって行くようなLIVEの中では、何か『天西』の出番になった瞬間からスイッチが入ってしまい、『カタマリ』と化して爆走してしまう。「瞬間湯沸かし器」状態になってしまうんですわ。 
また、機会が有ればLIVEやれるといいですね!天野SHO・万歳♪


最後に唯一若手で今回のLIVEに参加した木田聡ですが、彼は俺が若手を集めてやっているバンド『R24』のベーシストで、今回は大先輩の小林kenさんの胸を借りての大チャレンジでした!いゃ〜若いって羨ましいですなぁ(苦笑) 。
彼は若干24歳の若者で、近い将来我々を追い越して行く事でしょう。木田聡・頑張れ♪


という出演メンバーのレポートをお届けしましたが、実は今回俺は原因不明の発疹が全身出てしまい、病院通いしながらの二日間でした。
なのでLIVEで初めてノースリーブではなく、長袖を着て演奏しました。やはり弾きにくいですね。

俺の場合異常に腕が太いので、LIVEの時は袖があると半袖でも汗で皮膚に布が引っ付いて腕がうっ血してしまい、痺れてギターが弾けなくなる、という弱点があるんです。
なので今回、謎の発疹のせいで着た長袖でのLIVEはかなり、自分との闘いでした!
特に初日は発疹が酷く熱もあったんですが、力哉君が心配してくれて色々力づけてくれました。彼の優しさに感謝です!

何とか35年やれて来たので来年からは違う動きに出たいと考えています!また応援して下さい。


それではこの辺で二日間の『西野やすし35執念・ケジメLIVE』レポートを終わります!
ご静聴有り難う御座りました!




2007.12.21


押忍!

15日・16日とDAYS《西野やすし 音楽生活35周年記念LIVE》に来て頂いた皆様、ホンマに有り難う御座いました。
おかげさまでメッチャ楽しい二日間になりました!(*^_^*)
日記にて二日間をレポートしますが、文が長くなるので今回はまずは初日のレポートをお贈ります。


とにかく東原力哉のぶっ飛びドラムソロに脱帽でした!圧巻ですね。 
それにしてもこの人はホンマに優しい男で、俺は大好きですねぇホンマ!
彼の顔を見たら『優しい』という単語は出てこない人もいるかも知れんけど(怖いイメージが定着してるかも)、ホンマに心優しい男です!
勿論ドラマーとしては今さら何の説明もいらないでしょう。世界でも五本の指に入るスーパードラマーです!

あの日の二部ラストの曲「wanna be your man」でのドラムソロは俺が知る限りでは最高のモノでした! 俺が彼につけたキャッチコピーがピッタリなので覚えていて下さい。
「演奏で評判を上げて、打ち上げで評価を下げて帰る男!」東原力哉、万歳♪


そして清水興ですが、彼のベースは音符も凄いが、休符が強力で、音の切れ際がたまらなくグルーヴィです!そして人間性もグルーヴィです。
今回も演奏中の危ない所を何度も彼が救ってくれました。
まぁしかし何でもよく知ってる人やわ!彼は俺の一つ上なんやけど、20くらい年上な気がするわ!清水興・万歳♪


しかし誰が凄いったってやはりこの方、古谷充さんにかなう者はおりません!

二部に古谷さんのオリジナル曲をやったのですが、その曲は太古の日本をイメージした曲でして、古谷さんのアルトサックスが何処からともなく風のようにスゥっと体に入ってきて、そのまま心をユ〜ラユ〜ラ揺さぶられながら、気がつけば体ごとゆっくり持ち上げられていくような様な素晴らしい演奏でした!

あの方のサックスの音色は本当に素晴らしくて深〜い音色と同じ深〜いお人柄です。
さすがに我々若僧との『人間の格』の差を見せつけられた思いでした!
あの方を人間国宝にするべきです!古谷充さん・万歳♪


さて、今回の目玉商品は初参戦のハッチャンこと和田八美です。今回紅一点の彼女は予想通りファンキーで男前なキーボードを聴かせてくれました!
まだ我々よりはかなり若いので緊張するのかと思いきや、誰より楽しんでオモイッキリの良いプレイを余裕シャクシャクな感じで聴かせてくれました。その人柄も良くて直ぐにあの重鎮の集団就職(笑)みたいな団体に
もとけ込んでくれました!
これからもどんどんセッションに登場して貰う事になると思います! ハッチャン・万歳♪


初日のレポートはこれぐらいにしときます。




2007.12.07 


押忍!

先日三日間、新潟の『中越沖地震復興チャリティーLIVE』に小林エミちゃんと行ってきました!

柏崎(原発付近)はまだガレキのままの家もあり、凄惨さが伝わってきました。特に我々は阪神大震災を観てきているので事態の大変さは充分に理解出来ました。まだまだ復興したとは言いがたい風景でした!

中越沖地震は今年の俺の誕生日に起きた地震だったので、ハッキリ記憶しています。
特に俺は20年程前に半年間、新潟県三条市に住んでいた事があり、仲間もいっぱいいます。その三条市は水害で壊滅した後にまた、地震にやられました。
三年前にも中越地震でやられて、大雪にやられて、新潟ばかり何故天災にみまわれるのか、と腹立たしい思いです!
自分が住んでいた三条市四日町の街並みがすっかり変わっていたのには悲しい思いでした。
しかし今回行ったおかげで、昔の仲間や世話になった方々に会うことができ、有意義な旅でした!
中でも20年ぶりに再会した大井さん(75歳)には感動しました。俺の親友、shuのお母さんで、75歳という年齢と反比例した前向きな元気パワーに圧倒されました! 大井のお母さん「心から有り難う!」


さて、話は変わって来週の15日と16日は俺の「音楽生活三十五周年記念ライブ」という一大イベントが京都RAGで有ります。(内容はスケジュール欄で確認して下さい)
俺も長くやってきたんやなぁ〜とひとごと状態で思っていましたが、いざ来週に迫ると集客が悪かったらどないしよ(>_<) と焦りだしてきました! せやし、『皆来てや〜!』
ホンマお待ちしてまっせぇ〜!

ところでラジオのお知らせです。

■12/12(水)αstation:89.4MHz の「GARYU'S BAR」という番組に出演します。24時オンエアです!
■12/13(木)滋賀FM:77.0MHz  「レイクサイドモーニング」という番組に10:30ごろ、生出演します。 

聴いてや〜!

2007.11.30 


押忍!

<音楽生活三十五周年記念ライブ2DAYS:12月15日・16日>

思いおこせば35年前に初めてギャラを貰い、ワケがわからないまま突っ走って、気がつけば『今』になってました! その間数々の修羅場と、命にかかわるヤバイ橋を経験しましたが、でも結局想い出に残ってるのは、楽しかった事ばかりです。

今回の二日間はそんな楽しい良き日を共に歩んだ大切な仲間に囲まれて、最高にhappyな夜にします!
出演者は皆芸歴30年〜50年の重鎮ばかりです。
 

まず15日は、俺と同世代で最高の技術と人間性の持ち主の二人、東原力哉と清水興!言わずと知れたナニワエキスプレスの極悪リズムセクションです(笑)。

力哉君は最高に優しい男で、いつも気を配ってくれます!泣けるくらいいい人間で、人間味溢れる超越したテクニックの持ち主です! 

清チャンはホンマ頭が良くて、オマケに人間が出来てます!わからない事があると何でも彼に聞くのですが、即答で返ってきます!総理大臣になれば日本の国はもっと良くなると思える、良きリーダーシップをとれる人です!

古谷充さんは今さら言うまでもなく、我々関西ミュージシャンの一番尊敬する大先輩です。『お父ちゃん』と気安く呼ばせて頂いていますが、本当の我々の《心の師匠》です。ホンマ素晴らしい方です!

で、今回急遽『この人に頼もう』、と閃いたのが広島は尾道の女性キーボーダーのハッチャンこと和田八美さん。ひょんな事から最近一緒にツアーを廻ったのですが、そのハートフルかつソウルフルなプレイに参りました。今回は関西の重鎮集団相手に、藤川球児並みの剛速球をブツケテてくれる事、間違いナシです!

と、いうメンバーで15日はガチンコファイトで行きます!

続いて16日は、究極の歌モノDAYです。

まず小林エミですが、この人の迫力あるソウルフルな歌には絶対に圧倒されます! 例えて言うなら、サイが障害物競走をしながらバトミントンをやっているような(笑)、そんな凄みがあります!俺の漫才の相方でもあります(笑)!

つづいてKAJAですが、俺の大好きなシンガーで、ボブマレーを彷彿させるレゲエシンガーです。そのvoiceには「歪みの中の透明感」が見えます!

そして御大、天野SHOは、もう言うまでもなく存在感が服を着て歩いているような生きざまを、voiceにのせて朗々と語る詩人です! 

最後に日本一のグルーヴ職人、小林健治ですが、もう、人には言えない程の修羅場を背中いっぱいしょって、義理と人情をスネアに乗せて、酒と共に生きています。ホンマにカッコエエドラムです!


こんな感じのメンバーと35年間の想い出を音楽に感謝をこめてお送りする二日間です! 是非観に来てや〜〜♪

2007.11.28


押忍!

今回も先日のMOJO WESTのライブに出演したアーティストについて話します。誰の話を書いてもコラム1回分は楽勝なんですが。
前回は塩次伸二について書きました。今回は俺の親友(ダチ) 『アリヨ』こと有吉須美人について書きます。


奴は俺と同い年で、顔を合わせるとお互いボロクソのクソミソに罵り合ってますが、実は一番仲良しでお互い一番気を使わず付き合える、不思議な奴です。
彼は20数年前に単身アメリカに渡り、ブルースの本場であるシカゴに住み、そのプレイが本場の黒人達に認められてどんどん頭角をあらわし、オーティス・ラッシュ、ジミー・ロジャース、ロバートJR・ロックウッド、ヴァレリー・ウェリントン、ビリー・ブランチなどのバンドで一躍世界的に有名なブルースピアニストにのし上がった!
オーティス・スパン亡き後、誰もがアリヨを『世界一のブルースピアニスト♪』と呼ぶようになった。
確かに奴は世界一スゴいブルースピアニストだが、それ以上に俺と並ぶ『アホ』でもある!俺と気が合うくらいだからかなりアホである。

話は脱線するが、まぁ関西以外の人に言っておくと、関西人にとって『アホ』は、かなりの誉め言葉を兼ねている!
※アホ=オモロイ奴と、ケッタイな奴と、ええ奴が合わさった愛情表現。俺もアホと言われると嬉しいが、馬鹿と言われたら「殴ったろか!このボケ!」とドタマにくる!

話戻して、という意味で、アリヨは最高に馬鹿・・・いやアホなのである(笑)!
しかし悔しいながら奴は知識が豊富で、法律から経済までよく知っている上に、英語はもうすでに外人である!
グリーンカードを合衆国から認定発行され、日々アメリカで舶来な生活している!
次回いつ帰ってくるのかわからないが、次に又一緒にやれるのが楽しみであります!


そしてもう一人今回書きたい人が巨匠『ハルチャン』こと田中晴之さんです。
俺は30年前から無条件で彼の大ファンで、今でも俺の「My Febaritto Guitarlist」です!

彼のギターは最高で、その場にいる者、お客さんもプレイヤーも含めて全てを最高に幸せな気分にさせてくれる人です。
昔は「ファッツ・ボトル・ブルースバンド」で「ウエスト・ロード・ブルースバンド」と人気を二分していました!
昔も今もその気持ち良さは全く変わらず、又その素晴らしい人間性は、誰もが認めるところで、今だかつて彼の悪口など誰からも聞いた事など一度も有りません!
優しさがそのままギターの音色になって溢れ出てきます。俺には絶対弾けない抜群に伸びのあるギターを弾いてくれます!
大晦日にRAGでまた俺のライブにゲスト出演してくれま〜す!


てな感じで今回はこの二人の話を書きましたが、後のメンバーについても折に触れて書いて行きたいと思います。

写真は本番後に出演者全員(小竹が撮ったので残念ながら小竹だけ写ってません)で撮ったモノです。皆最高の笑顔でっしゃろ!!
それではまた!




2007.11.26 


押忍!

毎日をLIVEで追われていて日記を書くのも久々です。こんなHPの日記なんて初めてやるので、何日に一回くらいペースで掲載するのかよくわからんです!まぁ今回はLIVEの話でも書くです。

21日に終わったMOJO WESTの『塩次伸二CD発売記念イベント』には日本中の一流ブルースマンが集いました!
塩次伸二、西野やすし、田中晴之、小竹直、の贅沢な四人ギターに、アメリカはシカゴからやってきた世界一のブルースピアニスト・有吉須美人、ブルースハープのパイオニア・妹尾隆一郎、日本最高グルーヴドラマー・小林健治、驚異のスーパー天災ベーシスト・山田晴三。これだけ揃えば盛り上がらないわけがない!最高のブルースの夕べでした。

塩次伸二と言う人は「ウエスト・ロード・ブルースバンド」という日本で初めての本格派ブルースバンドで一躍その名を轟かせた、ブルースマスターです。彼は人間的にもナイスな先輩で、もう憎たらしいくらい上手いギターリストです。

その彼のレコ発LIVEという事でオールスターキャストになったわけですが、LIVE前日に塩次氏から打ち合わせがしたいからという事で、深夜1時にファミレスに呼び出されました。
しかし、なんせ伸チャン(塩次氏のニックネーム)も俺も一滴も酒が飲めない為に、二人とも注文したのが《あんみつ♪》というあまりに『酒をあびるように呑む』という定番のブルースギターリストのイメージからかけ離れたオーダーに、二人で大ウケ(笑)してました(*⌒▽⌒*)

で、せっかくなのでウエイトレスのオネェチャンに頼んで写メを撮って貰ったので、この際、伸チャンの断りなしで写メ公開しま〜す(笑)!





しかし呑めない下戸ブルースマンは意外に多くて、この日のLIVEの出演者も、我々二人以外に有吉、妹尾の二人が一滴も呑めません!出演者8人中4人が呑めないブルース大御所の集いでした!その四人分を小林健治一人で充分に呑んでくれます(>_<)
彼の傍若無人なヤカラ人生についてはまた、日を改めて書きたいと思います!

今回の出演者についてのレポートの続きは次回に掲載しま〜す!それではまたね!

2007.11.15


押忍!
東京から無事に帰ってきました。メッチャ音楽的に充実した三日間やったわ!

小野秀夫というドラマーは俺と長い付き合いなんやけど、毎回会うたび、驚くほど凄みが増していきます。(注:ドラムの事だけですよ!それ以外は・・・・う〜ん?)
気持ち的に一緒にやってる感がすごくあって最高のドラマーです!(注:ドラムだけですよ!その他は・・・・う〜ん?)

ヒデオヤンはもう大ベテランで初めから良いプレイヤーである事は明白だったのですが、今回の最大のお土産はベースのモックン(楠智憲)です。

彼はまだ若干23歳の若者で、ついこの前までは我々二人のベテランに着いていくのに必死やったのがナント、今回は迷いもプレッシャーもなく、すごくテンションの高い演奏で、精神力でも絶対に負けない強いプレイヤーに成長してくれていました!メッチャ嬉しかったです!
いや〜この凸凹東京トリオ 面白いわ〜!もしかしたら化けるかも(笑)!

また三日間ともライブハウスの人達から温かくして貰って最高でした!
特にこのツアー中のお世話をして頂いた 怪獣さん(本名:福島さん)にこの場を借りて感謝の気持ちを込めて『有り難う御座いました!』と言いたいです。


さて、次は京都でアリヨ(有吉須美人:シカゴから来る世界1のブルースピアニスト)とか伸チャン(塩次伸二)、妹尾隆一郎、田中晴之らとの大御所ブルースの集いです。来週水曜の21日に北山のMOJO WESTでやりまぁ〜す!

なんやかんや言うてるうちに来月にはRAGでの俺の35周年記念LIVEがあって、大晦日LIVEも終わったらもう来年でんがな・・・イヤになるねぇ、一年なんてアッという間ですわ!
ほな来年に向けてウサギ跳びから始めますわ!それでは。

2007.11.07 


押忍!
明日から関東方面へ独り旅です。
今関東で一番気にいってるライブハウスを三件まわってきます。

9日は横浜のストーミーマンディです。
オーナーが一希さんという女性の方で、メッチャ個性的で、あの店でやるのが楽しみです。
9日は東京の音楽室で都心の青山に有りながら、とてもアットホームで居心地の良いお店です。
10日は木更津のミックで お店の方もお客さんも目茶苦茶に人情味があり、最高のお店です。
だいたい2〜3ヶ月に一回はこの三件の愛すべきライブハウスを回ります!いつ行っても俺みたいなベタベタの関西人を、心優しき関東人が温かく迎えてくれます!今となっては俺にとっては聖地と呼べる場所です!

東京へ行ったら俺も標準語でバッチリ喋りまっせぇ〜(*_*)>そんな訳無いやろ(笑)。
俺の飛び道具であるMCは関西弁以外では絶対に出来まへ〜ん(笑)。
東京へ行くと東京ドームのジャイアンツ応援団のど真ん中で独りで『六甲おろし♪』を大声で熱唱しているような錯覚におちますわ!

典型的な関西人やね俺は! まぁ明日から、関西人の熱い血を聴かせて来ます!
ほんじゃいってきま〜すヾ(^_^) byebye!!

2007.11.05 


押忍!
最近嬉しかったのは10月31日に東京後楽園ホールで行われたボクシングのトーナメントで、俺の行っているジム(SFマキジム)の堀川謙一選手が優勝してミニマム級のMVPに選ばれはった事やなぁ!

彼は現在 ランキング日本一位で、東洋太平洋3位、勿論世界ランカーです。
彼は人柄も良く、尊敬出来るボクサーです。当然練習量もハンパやない!
でも最も尊敬出来る点はその精神力やね。試合前も試合中も常に冷静で平常心を保って試合に全神経を集中出来て、一発も相手のパンチを貰わずに勝てる素晴らしい判断力は尊敬以外の何物でもありません!
俺も音楽であれだけの判断力や精神力があればなぁ、とつくづく羨ましい限りです。

亀田のせいでボクシング全体の信用が下落の感がありますが、ホンマはプロボクサーで亀田みたいな下品で態度の悪い奴なんていません!
SFマキジムにも何十人もプロボクサーがいますが、態度の悪い奴なんて一人もいません!皆好青年、少年ばかりです。
みんな挨拶といい態度といいメッチャメチャ感じいいです!ボクサーを亀田的に観ないで下さいませ!
皆さんもボクシング会場に足を運んで下さい。ちなみに堀川選手の入場テーマは俺の作品です!是非会場へ応援に行って下さい!

という事で今日はボクシングのお話でした!

2007.11.02 


押忍!
先日伊賀上野のオールドレッドミルでLIVEしてたんやけど、その時にドラムのi君(又の名を伊藤裕規といいます)から風邪を貰い受け、参った参った(>_<)
熱は出ないんやけど咳が出るねん!かないまへんわ!仕事は休めへんから困るわ。

俺の仕事というか一週間はLIVE以外はギターのレッスン(自宅と音楽学校)と空手道場とボクシングジムで毎日が埋まっていて 休めないねん!
まぁ、誰でも仕事は休めないモノやけどね。LIVE なんか絶対休めへんしなぁ。
俺なんか格闘技で、しょっちゅう怪我するけど骨折してようが外傷があろうが絶対にステージに立つんやけど、さすがに手の指を骨折した次の日にLIVEに出たのはキツかったなぁ(>_<)
意地になって弾いてたらバンバンに腫れあがったわ!それに比べたら風邪くらいなんともないな!

幸い来週までLIVEは無いから早く風邪治しまっさ。
さて、ほんじゃ、またね!皆さん風邪と骨折には気をつけてね〜!

2007.11.01


押忍!
日記を掲載する事になりました。そんなに毎日は書けないけど頑張るわ!

今年ももうじき終わりやなぁ。ホンマに時間が経つのはアッという間やねぇ。光陰矢の如しって昔は意味がわからんかったけど最近はつくづくそう思うわ。
もう秋も終わる感じで すぐに冬になるやろ。こないだ正月やったのにもう大晦日LIVEの話してるもんなぁ!

今年は阪神タイガースも残念な結果に終わったし(でも楽しませてくれたわ)、 安部さんも総理大臣辞めてしもたし、亀田のせいでボクシングの信用落としたし、車は壊れたし、まぁあんまり良い年とは言えんけど、精一杯頑張って生き来たたわ(笑)!

今年で音楽生活35周年を迎えるんやけど、なんかそんな実感ないなぁ!
いつでも十代の頃に戻れる気分やわ。今も昔もやってる事は全く変わってないからなぁ。ず〜〜っと音楽と格闘技しかやってないもんなぁ。
俺って不器用やからいろんな事は出来ひんねん。『アホの二つ覚え』ってヤツやな(笑)!まぁ 他に興味が無いってのも情けない話やけどね(笑)。

最近はLIVEやスクールが無い時は全部の時間を空手とボクシングについやしてる毎日です!先週は一週間に七日格闘技しました。アホやろ?同じだけギター練習したら少しはマシに弾けるようになるかも知れんのにな(笑)!まぁギターはヘタウマ目指して頑張るわ!

てな事で、この日記のページも続けられるように頑張ります。

Copyright (c) SINCE 2007 ■YASUSHI NISHINO OFFICIAL WEB SITE■ All Rights Reserved.